ゴシップ

日本でも活躍したあの韓国人タレントに、“性接待ブローカー”疑惑

【この記事のキーワード】
KOREA19

サンジャポ・ファミリーでした! YouTubeより

 韓流の裏も表も知っているスペシャリスト3人がリレー形式で、とっておきの極秘ネタから、先取りしたい注目スターまでをこっそり教えます。

 かつて日本で活動していたお笑いタレントのヘリョンを覚えているだろうか? 「サンデージャポン」などにレギュラー出演するなど、韓国人タレントとしてはなかなかの活躍ぶりだったが、日本の番組で「君が代」が流れた際に笑顔で拍手をする姿が韓国で物議を醸し、さらには「韓国を卑下する発言を繰り返した」と叩かれまくり、結局は日本活動を「永久中止」宣言することに。また韓国では一般人の夫と頻繁にバラエティ出演しオシドリ夫婦ぶりをアピールしていたが、結婚13年目で突如離婚を発表。この出来事がきっかけで当時出演していた全ての番組を降板し、韓国のテレビから完全に姿を消した。

 韓国を離れたヘリョンは中国に留学。7カ月後に韓国に戻り久しぶりにトーク番組に出演した彼女は、日本での失言に対する反省や、離婚当時の心境などを涙ながらに語り、“みそぎ”を済ませた。それ以降は以前と変わらずバラエティ番組などで元気な姿を見せているが、かつてほどの勢いは感じられなくなった。まだまだ彼女に対する世間の目は厳しいようだ。

 そんなヘリョンが2013年末、久しぶりに芸能ニュースを沸かせた。かねてから韓国で社会問題になっている「芸能人性接待」に関連し、ネット上でヘリョンを 「芸能人の売春を斡旋する性接待ブローカーだ」とする噂が急速に広まったのだ。これに激怒したヘリョンは、すぐさま韓国警察の「サイバー犯罪捜査隊」にデマの流布者の捜査を依頼。ヘリョンだけでなく、女優のイ・ダヘや歌手のシンジらも“売春デマ”の被害に遭い法的対応に乗り出したことで、さらなる大問題に発展した。

 その後の検察の発表で彼女たちの疑惑は晴れたが、ヘリョンは「捜査の結果とは関係ない。誰がどのような目的で自分の名前を挙げて噂を広めたのか、デマを流した人間をぜったいに探し出す」とコメントを発表し、怒りがおさまっていないことを明らかにした。

 そんなヘリョンに対し世間の反応の大半は、「何の関係もない彼女も巻き込んだ人間が許せない」「早く犯人を見つけてほしい」「明るく笑う彼女の姿をテレビで早く見たい」など彼女を労わり励ます声で溢れているが、一部では、「ブローカーじゃなくて、性接待したほうじゃないの?」「何もないところに噂は出ない」など、彼女に疑惑の目を向ける見る人も少なくない。どうしてなのだろうか?

とことん「女」なんです。

 その理由は、“性接待ブローカー”疑惑が取りざたされる数日前、彼女の熱愛説が浮上したことも影響しているようだ。スクープによると、熱愛の相手は彼女よりも2歳年下で、韓国と中国を行き来する実業家とのこと。所属事務所はすぐにコメントを発表し、「二人は知り合って1年ぐらい経ち、1、2カ月前から交際している」と報道を認めた。これに対し一部のネチズン(韓国のネット住民)からは、「離婚からまだ日が経っていないのに、もう恋人ができたなんて呆れる」「活動自粛中に結局は男と遊んでたんでしょ!」など厳しい意見も上がった。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

実録・韓国芸能スキャンダル~アイドルの裏接待篇~ DVD