ゴシップ

米倉涼子の「堺雅人似」恋人、素顔は「EXILE系肉食男子」だった

【この記事のキーワード】
「DRESS 2013年 06月号」

「DRESS 2013年 06月号」

 主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の大ヒットでノリまくっている女優・米倉涼子(38)が、私生活でも順調なことを報じられている。26日発売の「フライデー」(講談社)が、年下の30代半ば男性とのデート写真を掲載し、2人は米倉の自宅マンションで一夜を明かしたと伝えたのだ。

 米倉の所属する“ごり押しで有名”なオスカープロモーションは、「プライベートは本人に任せています」と交際を否定せず。相手の男性・Aさんとは昨年8月にも週刊誌で密会が報じられたリクルート出身のフリー編集者だ。「フライデー」によると2人は毎週のようにデートを重ね、すでに結婚も視野に入れているという。Aさんはこれまた2013年大活躍した俳優・堺雅人似の雰囲気を持つ温厚な男性、とされているが……。Aさんのリクルート時代の同僚によれば、「堺雅人には微塵も似ていない」そうだ。

「堺雅人には全然似てなくて、EXILEのバックダンサーにいそうな感じ。Facebookの写真を見ればすぐわかりますよ。そもそも、元はギャル男だし。着ている洋服もアバクロ系。堺雅人ってTHE・文系という感じじゃないですか。でも、Aさんは超体育会系です。まあ、リクルート自体がそういう会社ですが。フライデーではどこをどう見て堺雅人似って書いたんですかね」(元リクルート社員)

 確かにAさんの近影は、色黒で精悍な顔つきがどちらかと言えばEXILE系。リクルート時代は豪腕で知られた人物だという。

「社内では有名人。いろいろな役職を兼任してたし、仕事は超できる人でした。他の同期のような学歴はなくても、根性でのしあがったタイプで野心の塊みたいな印象。朝早~くに出社して、夜も遅~くまでいるのがポリシー。部下は帰りにくいんですよね(苦笑)。周囲に大勢の社員がいても、その場でミスをした部下を怒鳴り散らしたり叱り飛ばすので、温厚なイメージというよりは自分にも他人にも厳しい人だなと思いました。地味だけど美人な事務の女の子と長く付き合っていましたよ。まあ、社内外問わずワンナイトも多かったようですけど……でもあの会社、そういう男性しか出世しないですからね。女も仕事もガツガツ行く肉食タイプだけが生き残る。だから社内に兄弟姉妹はいっぱいいましたね」(前同)

 かなりあけすけに語ってもらったが、サバサバ系の姉御気質かつ肉食女子とのイメージが強い米倉を、猛アプローチで落としたというから、Aさんはやはりガッツのある人物なのだろう。「フライデー」では、アラフォーの米倉が「将来のことも考えなきゃ」と話していることや仕事が順調なことから、来年早々にも「サプライズな発表」があるかもしれないと結んでいるが、実際、その可能性はいかほどだろうか。

 今夏に表紙モデルを務める『DRESS』(幻冬舎)の対談で、結婚や子育てについての価値観を明かしていた米倉。世間の「女性の幸せイコール結婚」という風潮には疑問を感じ、「私の中では、結婚って、そんなに人生の一大イベントなのかな? という気がします」と言うものの、将来への不安もあると明言した。現在は仕事が充実していて肉体も健康。しかし、10年後はどうかわからない。「ですから、結婚するということに前向きになったほうがいいのかなとか」と、彼女は語った。

 結婚しようがしまいが、すでに女優としての地位を築いた米倉のキャリアが大きく左右されることはなさそうだが、愛するパートナーと10年先も共に過ごしていたいと望むなら、今の日本では結婚という選択肢が一般的とされている。一部では「来年6月に入籍するはず」という先読み情報もあるが、米倉はどのような選択をするのだろうか。
(清水美早紀)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

DRESS (ドレス) 2014年 01月号 雑誌