ゴシップ

博多大吉「僕にだって強い性欲はある」「酒を飲んでも余裕でヤレる」! 性欲の塊アピールするもなぜか浸透せず

【この記事のキーワード】

 10月23日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、博多華丸・大吉の博多大吉(46)が、自分の性欲は「強い」と宣言した。

 気取っておらず、どこか飄々とした雰囲気から「優しそう」「草食系」「ガツガツしていない」「イケメン」というイメージが持たれている博多大吉。下積み時代から交際していた妻と結婚している身だが、女性人気もかなり高く、過去に「週刊SPA!」(扶桑社)で『博多大吉、44歳で既婚のくせにモテてる理由』というインタビュー企画が組まれたこともある。人気の理由は草食系っぽいところにもありそうだが、「こう見えてかなり肉食系」だという。

 番組に「博多大吉は肉食系」とタレコんだ麒麟・川島明いわく、飲みの席で大吉に「君は僕に性欲がないと思っているやろ?」「僕だって性欲はあるよ! しかも強いよ!」と言われたとか。世間が抱いている自分のイメージについて、大吉も「性欲がない感じ、おじいちゃんみたい」と分析していたが、実際は「僕にだって性欲はあるし、みんなが思ってるよりは強い」という。

 大吉の「性欲強い」発言に、番組共演者は驚いていたが、実は昔から大吉は「性欲はある」と言い続けている。『サンデー・ジャポン』(TBS系)で「見た目以上に私、性欲の塊ですよ」と発言したり、Twitterでは、「(セクシー女優の)葵つかさを抱きたい夜。は?僕にだって性欲あるよ。しかも、強いよ!」とツイートしている(Twitterのアカウントは現在停止中)。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で放送された「下ネタ下手くそ芸人」に登場した際には、性欲がないと勘違いされているから、プライベートでおっぱいを褒めると驚かれるとも明かしている。

1 2

年齢学序説 (幻冬舎よしもと文庫)