カラダ・美容

クリトリスでオーガズムを感じる「クリイキ」する3つの方法

【この記事のキーワード】
Photo by Eleazar Fuentes from Flickr

Photo by Eleazar Fuentes from Flickr

 オナニーは自分のカラダを知るため、そして性感帯を開発するためにも、とっても大事な行為だと思います。オナニーでイーガズム(イク)を覚えることで、セックスでもイキやすくなると言われています。

 セックスでも、相手の舌で、指で、ちんこで……と、刺激を受けることが多いクリトリス。とはいえ、敏感な部分であるクリトリスは、むやみにいじっていれば気持ちよくなるという場所ではありません。下着の上からゆっくり丁寧に愛撫することからはじまり、下着を脱いでもクリの周りや皮の上から軽くタッチする程度を繰り返すなど……「クリトリスオナニー」で気持ちよくなるには段階を経るといいと思います。基本的な愛撫の方法はこちらから。

クリトリスが快感を覚えるまでの丁寧な3ステップ

イクことは考えない!

 クリイキしましょう~! と言っておいて「イクことは考えない」って、支離滅裂なことを言っているように見えるかもしれませんが……。数回のオナニーでクリを刺激したからといって「はい、性感帯の出来上がり!」とはいかないものなんです。オナニーはイクことがゴールだと思っている方も多いです(セックスにおいても)が、オナニーもセックスも、リラックスして心身ともに満たされることが第一ですよ。

※痛みを感じているのに「イク」ために我慢しているのは、キケン! 炎症の原因にもありますし、快感よりも痛みを覚えてしまうと、セックスの際も「クリが刺激される」=「痛い」と脳が反応してしまうおそれもありますので、中断したほうがいいです。

クリでイク!

 クリが感じる刺激方法は、人によって様々です。「皮の上からのほうが気持ちいい」人もいれば、「クリを直接触るより、側面がイイ」人もいますし、指の動かし方も高速派~スロー派と様々。さらに、イク時にギュッと力が入る場所も、お腹の下だったり、足の指だったり、十人十色。まずは、自分の快感が増す方法を探っていきましょう。

◆押す(または、タップ)

 まず、弱い刺激からはじめましょう。クリ全体を指先でトントンと押すように触ります。ほかよりも敏感に感じる部分を見つけたら、強めに押してみたりトントンの速度を上げてみてください。

◆こする

 もう少し強い刺激が欲しくなったら、「こする」動作へ移行してください。指の腹か指先を使って上下や円を描くようにクリをこすってみてください。押したときとはまるで違う刺激を感じるはず。ゆっくりと、小刻みに……。

◆つまむ

 強いクリ刺激の方法が「つまむ」。濡れたクリはつかみにくいと思いますが、人さし指と中指で挟むようにしてつまんでみてください。クリそのものよりも側面などに快感を得る方は、この方法は気持ち良さが味わえるかもしれません。または、人差し指と薬指でつまんで、中指でクリを押したりこするというのも強い刺激を与えます。

※クリ刺激のためには、痛みを与えないように滑りをよくすることはマスト! たっぷりと唾液か愛液を指につけて行うようにしてください。

クリイキしやすい体勢を探求!

 リラックスしながらクリ刺激を続けていますが、イキそう! と感じたらどこかに力を入れるとイキやすくなります。そこで肝心なのは体勢。うつ伏せ、仰向けで両脚を広げるなど、イキやすい体勢も人それぞれですが、イキやすいと言われるのは、両足を閉じてまっすぐ伸ばす「足ピン」と言われる体勢。とにかくイッてみたい! と願う方は試してみてもいいですが、クセになってしまうとセックスの正常位ではイキづらくなってしまうので、ほどほどに。

オナニー常習女子に告ぐ、「足ピンオナニー」は危険な快楽!? 「あぐらオナニー」へチェンジしたほうがいい理由

 これを根気強く繰り返していくと、カラダが火照ってきたり、心臓の鼓動が早くなってくるのではないでしょうか。そうすれば、オーガズムはすぐそこ! 快感を感じて膣がヒクヒクすれば、クリでオーガズムを感じたことになります。

オナニー後は、手指と膣は清潔に!

 オーガズムを感じると疲れとともに眠気が襲ってくるでしょう。でも、そのままオヤスミ~となるのは衛生的にダメ! 愛液が膣内に残っていることで細菌が繁殖してしまうので、お風呂かトイレの「ビデ」で洗い流してキレイな状態にして、トイレに行って手も洗ってから寝ましょう。オナニーしただけなのに後日「なんかアソコが痒い~」となってもイヤですもんね。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

オカモト 0.02EX 潤滑ゼリー 60g