インタビュー

妻とのセックス+毎日2回のオナニー「風俗も行くし、複数のセフレもいる」/蛯沢さん40歳・男性

【この記事のキーワード】
夫婦間のセックスについて伺います。

夫婦間のセックスについて伺います。

ベンチャー企業にお勤めの蛯沢さん(40)。ひと回り年下の彼女と5年間の交際を経て結婚し、約1年半が経ったところです。日課になっている“毎日のオナニー”だけでもエネルギッシュだと思いましたが、なんと、奥様と結婚される前から関係が続くセックスフレンドや風俗通いにも“精”を出しているようです。そこに「罪の意識はない」と言う蛯沢さんの派手な下半身事情を伺いました。さらに先日、奥様から「結婚に向いていない」と離婚届けを提示されたそうですが、一体どんな理由が?

――今年40歳になる蛯沢さん、一回り下の奥様と結婚されて1年半ということは、まだ“新婚さん”ですね。

5年くらい付き合いまして、入籍してから約1年半なので一応“新婚”と言えば新婚ですね」

――ベンチャー企業にお勤めとのことですが、ご自身の就業時間はどれくらいですか?

「おおよそ12時間です。妻も働いていますが、就業時間は同じくらいです」

――長いですね……。それぞれの休日日数は?

「妻は週休2日で、私は月に45日休めれば万々歳です。休日は、寝る・飲む・映画を観る・エロ動画探索で、妻はめっぽう寝ています」

――“共働き夫婦”ですが、家事分担の決めごとはありますか?

「結婚後にルールを決めたわけじゃないですが、炊事と洗濯は妻で、洗い物と掃除、ゴミ出しは私が担当しています。ちなみに家計管理は、完全別管理の明朗会計で、家賃は1/4だけ妻が支払い、光熱費と食費は私が負担しています」

――休日が重なった時は、エロ動画はともかく、映画を一緒に観たりはするんですか?

「私は人が死ぬ映像作品が好きなんですね。先日も『呪怨』シリーズを通しで観ていたら、妻が『おどろおどろしいSEが聞こえてくるだけでおぞましい!』と吠えてくるぐらいホラー映画が苦手なので、一緒に観る作品は非常に限られます。休日が重なる日も約束してどこかに出かけよう、というのもその日の判断です。まあ、普段一緒にテレビは観たりはしています。テレビは無造作に流れてくるCMひとつとっても、互いの会話を促す役目を果たしてくれますから」

1 2 3 4

魂心Tシャツ 一人の時でも、ポテチはパーティー開け(Sサイズ長袖Tシャツ白x文字黒)