連載

官能小説×AVのコラボ! 緻密な心理を表現豊かに描くモノローグが秀逸

【この記事のキーワード】

getuona_top

 現在進行形で、アラレ史上最大規模の読書ブームが到来中です。アラレは漫画も大好きですが、今ハマっているのは「恋愛小説」です。その延長で「官能小説」もたまに読んだりしております。何を隠そう、アラレは官能小説のあの独特で淫靡な表現が大好き!

 「蕾」や「花びら」など、日常的に使う言葉であっても、官能小説の中では途端に卑猥に響きます。時には女性器のことを「カトリーヌ」と、男性器のことを「いけない張本人」と表現してみたり……。日本語の性表現の豊かさには感服せずにはいられません。そんな官能小説好きなアラレの琴線に触れるAVがあるのです。

小説誌『特選小説』とAVメーカー「マックスエー」によるコラボAV

『特選小説 2017年 12 月号』(綜合図書)

『特選小説 2017年 12 月号』(綜合図書)

 今回は、AVメーカー「マックスエー」から発売されている『官能小説』シリーズをご紹介したいと思います。官能小説雑誌『特選小説』(綜合図書)とのコラボレーション企画として立ち上がったもので、『特選小説』に掲載された作品を映像化したシリーズとなっています。

 続きものではなく1作完結型ですので、作品ごとに多種多様な設定が楽しめるドラマ系AVです。ドラマ系AVは、ストーリーや心理描写が大事な要素になるので、ナンパハメ撮りモノなどと比べるとエッチシーン以外の時間が長いです。しかし、エッチシーン以外を飛ばしてしまうと、主人公の葛藤などドラマの醍醐味を味わえないので、時間がない時や、すぐにムラムラしたい場合はおすすめできません。映画を見るような感覚で、早送りせずに見てくださいね!

主人公の心理に触れる! 官能的なモノローグ

 こちらのシリーズのすべての作品を見たわけではありませんが……特徴的なのは、主人公の心の声である“モノローグ”が流れることでしょう。モノローグは、原作の一節から引用しているのかもしれません。すごく文芸的で、官能小説らしいモノローグになっています。

 例えば、アラレのお気に入り作品『紅いフォルモサ~美麗島~』のモノローグ。

 既婚者の上司と不倫中の若いOLが、自分の誕生日に不倫旅行に行く計画を立てるのですが、ある日、上司にホテルに呼び出され「旅行に行けなくなった」と伝えられます。楽しみにしていたOLは断られて悲しい気持ちでいっぱいなのですが、上司にキスをされると、次のようなモノローグが始まります。

「突き放そうと伸ばした手が力を失っていく。温かな舌が口の中に滑り込み這い回る。ここで拒まないときっと私は傷ついてしまう。でも意志に背いて私の身体はますます淫靡に染まっていく」

 「ここで拒まないときっと私は傷ついてしまう」というフレーズを聞いた時に、「男の人にはこの気持ちはわからないでしょ!」と思いました。このシチュエーションで、この言葉はとても刺さります……。

1 2

アラレ

年間3,650本のAVを観る独身アラサー。東京某区在住。好きな言葉は有給休暇。2014年、日課のオナニー中に「女性向けアダルトサイトの運営」を閃きsugirl(シュガール)を開設。思春期から男性向けAVを観まくっていた経験を活かし、女性も楽しめる動画を厳選して公開中。

sugirl

特選小説 2017年 12 月号 雑誌