ゴシップ

木下優樹菜がフジモンと「離婚」も考えた理由「憧れ夫婦ってすげー言われるけど…」

【この記事のキーワード】
木下優樹菜Instagrmより

木下優樹菜Instagrmより

 発売中の「S Cawaii!!(エスカワイイ)」(主婦の友社)12月号で表紙を飾っている木下優樹菜(29)が、インタビューページにて恋愛観や仕事、夫婦の実態や子育てについて縦横無尽に語っている。

 <仕事も結婚も充実してる木下優樹菜が私たちの未来の理想像>だそうで、特に「エスカワ」読者にとって木下とFUJIWARAの藤本敏史(46)は“憧れ夫婦”ナンバーワンなのだという。可愛い、細い、稼いでいる、ブランドプロデューサーなどやりたい仕事をやっている、子供を産み育てている、そして愛する夫に愛されていることなど、木下は若い「エスカワ」読者にとって憧れの存在らしい。

 ちなみに「エスカワ」読者世代は10代後半~20代であり、その世代よりも上にはピンと来ないかもしれないが、事実、木下と藤本はよく「憧れの夫婦だ」と言われているし、本人たちも「すげー言われるんだけどなんでだと思う?」と首を傾げているという。というのも、「みんなと一緒」の普通の夫婦だからだそうだ。

 彼らはよくテレビバラエティで、家庭内の激しいケンカを明かしたり、木下が藤本を罵倒したり、藤本の口臭が「ドブのにおい」だったりといったトークを繰り広げているが、しかし仮面夫婦ではなく関係良好で二児に恵まれ、家も購入。2008年に交際開始、2010年に結婚してから7年が経つが、順風満帆に見えるのだろう。今も記念日には子供を預けて二人でデートしたり、手をつないだり、手紙を送りあったりするという。

 だが木下いわく夫婦喧嘩は「ほんとに激しいから!」「みんなが思ってるようなキレイな夫婦ではないんです」。

 何らかの理由でケンカに発展したとき、それから23日は藤本が笑っているだけで木下はイライラして「は? なんで笑ってんの?」と第二ラウンドをふっかけるそうだ。怒りがなかなか静まらないのだろうか。特に第一子出産後一カ月で仕事に復帰してからの時期は、仕事を辞めたいと思うほど両立がつらく、夫婦の言い争いが絶えず「男のプライドとか関係なくボロクソ言ったり、お互い憎しみ合うようなツラいケンカもいっぱいした」という。その頃に、お互い同業者であることから(時間が不規則であるとか、互いの仕事内容に干渉してしまうという事情だろうか)現実的に考えてこのまま生活を継続するのは難しいとし、離婚の話し合いをしたことがあったという。

 こうした内情を打ち明けて、木下は「ほんとにみんなと一緒なんだよって、ちゃんと伝えたい」という。そんな姿勢が、彼女を隠し事のない正直で誠実な人柄のように見せて、ファンには響くのかもしれない。

 また、木下は日頃から夫の不細工ぶりをネタにしているが、しかしそれはあくまで「芸人だから」だろう。

1 2

S Cawaii!(エスカワイイ) 2017年 12 月号