恋愛・セックス

「正常位でイキたい!」セックスではイケない、足ピンオナニストに是非試してほしい体位

【この記事のキーワード】
Photo by Simon from Flickr

Photo by Simon from Flickr

 「オナニーではイケるけど、セックスではイケない」と悩む女性は多数いらっしゃいます。原因は様々ではありますが、多少なりとも緊張感があり、反応を見ながらの相手への愛撫や挿入中の体位、体位変更などを行う、相手ありきのセックス。

 一方、緊張することのない(リラックス全開の)環境で、自分が気持ちいいと感じる方法で、気持ちいい場所を集中的に刺激できるオナニー。それはもうイキやすい環境です。当たり前のことですが、別物の快感なので比較することではありませんし、「セックスではイケないということは、相手との相性が悪いの?」と心配になることはありませんよ! (※ここでは“男性のテクニック”は置いておきます)

オナニーの快感は、セックスでの「イク」を邪魔する

 個人的見解ですが、「オナニーではイケるけど、セックスではイケない」という女性の多くは、気持ちいいオナニーをよく知っているし、オナニーの快感に慣れている方が多いのかなぁと感じます。

 バイブなどのアダルトグッズを使用して、ペニスの挿入では感じることのない刺激に慣れてしまった方や、セックス時の体勢とは違い、イキやすい体勢でオーガズムに達するオナニーを繰り返していることは、もしかしたらセックスでオーガズムを得ることから遠ざかってしまっているのではないか? と思うのです。

 バイブの気持ちよさにハマる気持ちはよ~くわかりますが、「もっと、もっと」と刺激を追い求めて、振動の強さをMAXでクリやGスポットへ押し付けていることを続けていると、優しい愛撫では物足りなくなる=感じない、と悪循環に陥ってしまう可能性もあります。小さな振動で、集中刺激ではなくあらゆる場所にソフトな刺激を与えてみることに変えてみてください。

 もうひとつの問題は体位。セックスではイキにづらくさせているかもしれない代表的体位は、今まで“危険な快楽”だとお伝えしてきた「足ピンオナニー」。

オナニー常習女子に告ぐ、「足ピンオナニー」は危険な快楽!? 「あぐらオナニー」へチェンジしたほうがいい理由

 “足ピンイキ”は、足をピーンと伸ばして、お尻や太ももなど下半身に力を入れてオーガズムを得るのですが、この体位に慣れてしまうと、M字開脚で行う「正常位」のように、膝を曲げる体勢ではこの部分に力をいれにくく、結果イキにくくなってしまいます。

「それでもいい。反対に、セックスでも足ピンがいい!」という方は、「締め小股」という体位もありますが、出来ればM字開脚の正常位でイケるようになった方がいいかなぁと、私は思います。というのも、脚を真っ直ぐ伸ばしている状態は、深くまで挿入できない上に、抜けやすいこともあるので、相手にとっては刺激が足りない挿入になってしまいます。オナニーは、自己中OK! ですが、セックスはNO自己中! 思いやり第一、ですよ。

「イキそう……!」の大の字にした方がいいワケ

 では、クセになっている足ピン体勢を取り入れつつ、少しずつセックスの正常位に慣れていける、かもしれないオススメの体位をご紹介したいと思います。それは……両脚を左右に広げる「大の字」!(手は広げる必要はありませんが)。

 挿入時から「大の字」体勢だと男性が挿入しにくいので、まずは膝を立ててM字開脚で挿入したほうがいいと思います。挿入してから両脚をピーンと大の字に伸びた状態にしてみてください。まずは、この体勢に慣れていくことからはじめましょう。

 次のステップです。正常位でイク感覚を覚えていくために、オススメしたい方法があります。

*挿入中もM字開脚(または足を上げたり、腰に回したり)の体勢でお互いに腰を動かして、挿入・膣の快感に集中!

*快感が高まってきて「イキそう!」と感じたら、オーガズムに向けて両脚を大の字に変更

 こうすることで、太ももに力を入れる時間を少しずつ短くしていくようにします。さらに、この流れにも慣れてきたら、M字開脚のまま地面につけた足の裏に力を入れることも試して(覚えて)みてください。膝を曲げた正常位でもイク感覚をカラダが徐々に覚えていくかもしれません。オナニー・セックスともに取り入れて、正常位でイケるその時に期待しましょう。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった ストレッチバンド (肩甲骨 股関節 ふくらはぎ 二の腕)エクササイズ 指穴付き ストレッチサポートグッズ 足指トレーニング 足裏アーチ (ベーシック(ピンク))