カルチャー

挿入なしの性感マッサージは究極の焦らしプレイ! 連続絶頂で「無理…挿れて…挿れて…」/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 女性向けAV界でマッサージシチュ人気が急増して久しい昨今。中でもドラマ要素が強い上にしっかりエッチという、マッサージシチュ好きにはたまらない作品『salon NATSUNO ~first love~』がDMM.comにて配信されています。本作は、膨大な数の女性向けAVを見てきたmessy編集部もそのエロさにうなりました……!!

 舞台は高級マッサージ店「salonNATSUNO」。店長・夏野海(有馬芳彦)の確かな腕に魅せられた客がSNSにあげるたび検索数は急上昇するものの、結局場所も連絡先も謎に包まれたまま。一見さんお断りで、たどり着ける者は少ないというマッサージ店です。まずはUMI編から見てイキましょう~。

UMI前編】
マッサージシチュの最高傑作!! 乳首やアソコへ徐々に近づく“責めの施術”に悶絶!

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 前回、「salonNATSUNO」の常連客で、夏野に思いを寄せる銀座のクラブのママ・松雨美(春原未来)が来店し、夏野がお店に到着するまでヤリチン副店長の瀧本(上原千明)が接客していました。テレビに取り上げられるほどの人気を博す雨美のことを以前から狙っていた瀧本は、過激なマッサージを開始。ついに乳首を舐め始めたその時、夏野が到着して交代しました。紳士なマッサージ師・夏野ですが、雨美の身体は瀧本の全身愛撫によってすでにトロトロで……。今回は、夏野の施術シーンからスタートです。

 夏野は「瀧本のマッサージで逆にお疲れになられたのでは」と雨美を依然心配するも、「ごめんなさい、はしたない声を出してしまったみたいで……」と恥ずかしがる雨美。すると夏野は「本日はスペシャルコースですので、声は出るかと思います」とのこと。そう、夏野の施術も超過激なんです!!!

 まず注目は脚、上半身を終えた後のお尻マッサージ。お尻全体をほぐしていたかと思えば、夏野の手はアソコを捉え、ゆっくりと手マンが始まるのです。すでにたっぷり濡れている雨美は、ちょっとアソコを触れられるだけで声を漏らし、身体をピクつかせ、愛撫が激しくなると絶頂!

 そして、まだ息の荒い雨美に、夏野は耳元で「四つん這いになってださい、いつでも……」と指示。雨美が四つん這いの体制になると、夏野は身体をすべらせ雨美の胸の下に顔を入れ、乳首を口に含みます。同時に手マンも開始! これに雨美はまた絶頂しそうなほどに悶えまくり、そのうち自ら「もうだめ……挿れてください……」とおねだり。しかし「それはできません」と一蹴されてしまいます。

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 すると「じゃあキスは……?」と再度おねだりするも「だめです、藤堂様(雨美を連れてきた男性)に止められてますので」とキスも断られてしまうのです。雨美の物欲しそうな表情がたまりません! 焦らし好きの方、必見ですよ!!

1 2

salon NATSUNO ~first love~ DVD