カルチャー

性感マッサージで顔面騎乗位→挿入の流れが秀逸! 強引に責められたい夜にオススメ/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 女性向けAV界でマッサージシチュ人気が急増して久しい昨今。中でもドラマ要素が強い上にしっかりエッチという、マッサージシチュ好きにはたまらない作品『salon NATSUNO ~first love~』がDMM.comにて配信されています。本作は、膨大な数の女性向けAVを見てきたmessy編集部もそのエロさにうなりました……!!

 舞台は高級マッサージ店「salonNATSUNO」。店長・夏野海(有馬芳彦)の確かな腕に魅せられた客がSNSにあげるたび検索数は急上昇するものの、結局場所も連絡先も謎に包まれたまま。一見さんお断りで、たどり着ける者は少ないというマッサージ店です。今回はMEI編を見てイキましょう~。

UMI前編】
・マッサージシチュの最高傑作!! 乳首やアソコへ徐々に近づく“責めの施術”に悶絶!
UMI後編】
・挿入なしの性感マッサージは究極の焦らしプレイ! 連続絶頂で「無理…挿れて…挿れて…」 

MEI前編】
・カメラマンの強制手マン、マネージャーの前で絶頂…グラドルが「色気と癒し」を求めて性感マッサージへ

 前回、グラビアアイドルの卵・メイ(斉藤みゆ)が、カメラマンに「色気がない」と罵倒され、マネージャーの目の前で手マンでイかされたりと、心身ともに弱っていた夜。マネージャーに「癒やしてあげて」とsalonNATSUNOにつれて来られました。

 何度か来店しているメイは夏野に思いを寄せているのですが、その日の担当は、前からメイを狙っている瀧本(上原千明)。自ら担当を志願した施術がやんちゃな瀧本に、夏野に「余計なことはするなよ」と釘を刺したのですが、徐々にエスカレートしていくのでした。

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 始めは丁寧に身体中をほぐしていた瀧本ですが、メイの身体を覆っていたタオルの面積はどんどん狭くなり、下着も限界まで降ろします。しかし、お腹周りを触れた際には「便秘気味?」と指摘すると、「すごーい! やっぱりわかるんですね!」なんて驚いたりと、すっかり信頼している様子のメイ。

 そのうち、胸に直で愛撫が始まり、その手つきが激しくなるに連れ恥ずかしがるメイ。さすがにおかしな様子に気づいたメイが、吐息混じりに「私、店長のことが……」と訴えると、「好きなの?」「店長はだめだよ、堅物だし。僕はね、君を何度か見るたびに、いつかこういう関係になりたいと思ってたんだ」と瀧本に耳元で囁かれるのです。

 さらに、パンツの中に手をすべらせアソコを触り「すっごい濡れてる」「ねえ、騙されたと思って聞いて。色気を磨くにはセックスするのが一番なんだよ」「すっごい濡れてきてる、我慢してたの?」と直に手マン開始! キス×手マンでイっちゃいます!! 絶頂後には、「僕の顔の上にまたがって」と顔面騎乗位を開始したかと思えば、あれよあれよと挿入まで。

1 2

salon NATSUNO ~first love~ DVD