恋愛・セックス

クリトリスの基本的な触り方 激しい愛撫もいきなり皮剥きも不要!

【この記事のキーワード】
Photo by you me from Flickr

Photo by you me from Flickr

 セックスのとき、1番敏感でビクンッ! と反応してしまうほど感じる所はどこですか? 個人差はあれど、男性はペニス、女性は膣ではないでしょうか。その中でも男性は亀頭、女性はクリトリスという方が多いのではないかと思います。

 「女性のクリトリスは男性の亀頭と同じくらい敏感」と説明されることが多いですが、正直お互い自分のカラダに“ついて”ないものの感覚は一生知り得ることができませんよね。男性同士、女性同士であっても、感覚は人によって異なるだろうと思いますし。

 さて、「自分のオナニーでは亀頭を力強く刺激して快感を得ている」タイプの男性のセックス相手が、同様にクリを力強く刺激することで気持ちいいと感じるとは限りません。自分ではベストな力加減だと思っていても、相手にとっては強すぎる刺激、ということは少なくないのではないでしょうか。

 今回は、セックスでの「愛撫」、特にクリトリス愛撫の力加減について、男性に読んでもらいたいお話です。

「俺は大丈夫」と思ってませんか?

 セックスの経験人数が多い少ないは関係なく、“その相手”とはじめてのセックスでは、とにかく優しいタッチからはじめる、ということが愛撫の基本的なポイントです。「そんなのわかってるわい!」という男性もいるでしょう。しかし、自分で思っているよりも、指に力が入っていることは多いものです。

 というのも、「彼の手マン(指マン)がイタイ! 苦痛!」という女性の悲鳴って、ほんっと~~~~~にあちこちでよく聞くんです。苦痛にもかかわらず、遠慮から「もっと優しく」と言い出せなくて我慢してしまう女性、「気持ちいい?」と聞かれて思わず「うん」と答えてしまう女性(痛いなんて言ったら盛り下がるかな? と考えた結果)も多いようです。そのせいか、自身の愛撫テクに自信を持っている男性も意外と多い……という負のループ。

 以前、男友達に「男性の手マンを痛がっている女性って結構多いんだよね~」と話したことがあります。「俺は大丈夫かな?」なんて不安を煽っちゃったかもしれない、と思ったものの、どうやらそういう話を聞いても自分だけは例外と思ってしまうみたいで。「俺は大丈夫」「俺はうまい」という思い込み、強固です。本当にうまいのか勘違いしているのかは、私がその人とやってみないことには知り得ませんが、苦痛な女性が多数いるということは、“実は、痛い手マンをしている”男性も同じだけいるということ。

 では、男性が指で行う女性へのクリ愛撫、どんなふうにすれば「痛くもなく、下手でもなく、ちょうどいい按配」なのか。快感に導くステップを勉強していきましょう!

※相手の愛撫が痛いことを言い出せないという女性も、「察してもらうの待ち」ではやっぱり伝わりませんから、きちんと相手に伝えることが大切だということもお忘れなく。

ヌルヌル第一!

 「クリトリスは、とても敏感な性感帯」という情報だけで、ちょっと触れただけで女性は快感を得る、と思い込んでいる男性もいますよね。自分の亀頭への刺激と置き換えて考えればわかりやすいと思いますが、敏感な部分だからこそ、ただ指でグリグリ~と触っても摩擦で痛いだけです。

 クリへの愛撫をはじめる前に、キスや乳首で感度を高めておき、クリに到達しても唾液やローションでヌルヌルすぎるくらい十分に濡らしておくことが最重要ポイント! 「少し湿ったくらいの状態」と「ヌレヌレ状態」では、快感は何十倍も違います。

マウスの“クリクリ”の強さで皮の上から触る

 これは、エロ漫画やAVの影響が強いのかもしれませんが、クリを愛撫する際、親指で皮を上のほうにグイッと剥く人、いるんですよね……。

 いくらヌルヌル状態でも、痛み(刺激が強すぎ)を感じる女性も多いので、少なくとも最初は必ず皮の上から触るようにしましょう。マウスの真ん中にあるホイールクリックを指先で動かすときのイメージで、爪を立てないように指の腹を使って、少しずつ優しく撫でていくのです。

基本的な指の動かしかた

 角度や位置など気持ちいいと感じるポイントは人それぞれですが、基本的には、クリの皮の上から上下に撫でたあとは、「時計回り」に撫でる・スマホの画面をタップするように、「軽く叩く」を、反応を見ながらゆっくりと繰り返してみましょう。

 膣から愛液が溢れてきたり、最初は柔らかかったクリが勃起して固くなってきたら人差し指と中指を“チョキ”にして、皮の外からクリを挟んで上下に滑らせて、撫でられた時の刺激とは違う快感を与えてみても良いです。そのほか、指先を軽く触れながら左右に擦ってみたり(スピードは緩めたり速めたり)と、色々な刺激方法を試してみて下さい。

“皮は剥くもの”ではない

 ちなみに、“クリトリス刺激”といっても、クリを直接触ることが気持ちいいと感じる女性だけではない、ということは覚えておきたいこと。最後まで皮の上から刺激されることが好きな女性、皮の側面から刺激されることが好きな女性など様々なので、必ず女性の表情やカラダの反応などを見ながら、目の前の彼女の快感スポットを探し当てることです。

 最後に。

 クリを愛撫しても、あまり濡れない・反応が薄いというとき、「ヤベェ、感じさせなきゃ!」と焦ってしまい、強い刺激を与えてしまう男性もいますよね。これは女性の苦痛を強めたり、相手に不安を抱かせてしまう原因になります。

 こういう時は一旦、クリ刺激から離れてキスや乳首愛撫に戻りましょう。実際のセックスってAV(演出)のようにテンポよく進むわけではないですし、愛撫に対してAV的な喘ぎ声や反応が返ってくるとは限りません。そして、それでいいんです、それが普通なんです。AVが正解ではないんです。

 コミュニケーションを取りながら、じっくりと回数を重ねてお互いのカラダを知っていきましょう。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

グラマラスバタフライ ホットジェル R 30g