恋愛・セックス

毛根愛撫が気持ちいい!! 撫でる・掻きあげる・引っ張る…毛のある場所には悶絶あり。

【この記事のキーワード】
 Photo by Marina Spektr from Flickr

Photo by Marina Spektr from Flickr

 頭を撫でられることが好きな女性いますか~? 私は気持ちよくて好きです、頭ナデナデ。ただしかし! 「好きな相手に」という枕詞がありますからね。これは「イケメンに限る」ではないんですよ。好きな人以外に触れられることは、不快なだけですよねぇ。

 “頭ナデナデ(ポンポン)すれば、女性は喜ぶ”と思っている男性たちは、「今までなんとも思っていない相手だったのに、頭ナデナデされて……あれ? 私、恋してる」なんてマンガのような展開になることは、ほぼない! とお伝えしておきます。

 さて、最近、女性の友人が「まつ毛の生え際を舐められるの超好き!」と熱弁していました。まつ毛の生え際を舐められたことは未経験ですが、確かに指でまつ毛を触られたときに気持ちよかったことを思い出しました。髪の毛を触られるのも、まつ毛を触られるのも気持ちいい……毛という毛の部分は全て気持ちいいのか、気になって調べてみました。結果……「毛は気持ちいい性感帯」なんです!

毛根・生え際・性感帯

 正確にいうと、毛髪自体にはご存知の通り、血液や神経はありません。頭皮の下にある「毛根」、ココに注目! 毛根部分には、たくさんの末梢神経と繋がっています。髪の毛を触られると毛根部分の神経に感覚が伝わる⇒ 刺激が脳に送られて性的興奮を導き出す。つまり、毛根部分は大きな性感帯なのです! セックスの最中、かる~く髪を掴まれて快感を得たのですが、こういうことだったのですね。何千本もある髪の毛の11本の毛根が性感帯……そりゃあ、気持ちいいはずです(生え際も同じく気持ちいい部分)。

 ちなみに、性感をコントロールする様々な組織がある場所は「大脳」と言われていますが、後頭部から耳付近の側頭部が、この組織に1番近い場所にあるそうですよ~! だからでしょうか、耳付近の髪を触られたりキスをされるとより一層気持ちよく感じるのは(もちろん心理的な要素も大きいと思いますが)!

 毛根や生え際の部分は、男女ともに快感を得る性感帯です。まず、してほしいことを相手にしてから「私にもして~」とお願いしてみてはいかがでしょう。お互いに大脳を刺激しちゃいましょう。

※髪の毛を触られることが嫌いな方もいるので、様子を伺いながら。

「毛根」愛撫が気持ちいいパーツ

 その他にも、特に敏感で快感を得る「毛根」はありますよ~!

◆おでこへの愛撫

 皮膚が薄い部分も快感を得やすいパーツです。皮膚が薄い&生え際(毛根)部分のダブル刺激を感じられる場所……それが、おでこ。まずは、髪の毛を撫でながらおでこにキス! その後、おでこと前髪の生え際を撫で上げ(掻きあげ)ます。おでこを全体的に刺激することで大きな快感を与えられます。

◆うなじへの刺激

 うなじ部分にも毛根が密集しています。先ほどお伝えしたように、耳付近は性感に繋がる「大脳」の近くということもあり、特に敏感な部分です。髪を全体的にナデナデしながら、耳の上や後ろの髪の毛を強めに撫でたりかる~く引っ張ったりしてみましょう(指の腹で、強めに頭皮をこすってもOK)。

 十分に耳の近くを刺激したら、うなじに移動していきましょう。男性の首に腕を回して抱きついたときに(セックス体位なら「座位」のときも)、手の平で相手のうなじ部分をサスサスしてみてください。経験上、ここを撫でられると気持ちいいと言う男性が多かったように思います。気持ちよさそうな反応を受けたら、うなじにキスしたり、舐める愛撫もしてみてください。そして、してもらってください。ゾクゾク~っとクセになる快感が得られるはず!

 毛のあるところは気持ちいいところ~♪ ということですね。鼻の中も、ティッシュをねじってコチョコチョやる「鼻こより」も、こそばゆい気持ちよさがありますね。あ、鼻の中の愛撫は要望がない限り、やめておいた方がいいと思います。舐める側は鼻くそが舌に付着するかもしれませんし、舐められた側は、相手の唾液が臭いかもしれないので。

そういえば、「陰毛」も隠れた性感帯のひとつです。

パイパンにするのちょっと待った! 「陰毛」は勃起する性感帯です

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

1分間に5000振動! 頭皮 へ やさしい 刺激 が 気持ちいい電動 頭皮ケア マッサージ ブラシ リセットン ( 育毛剤 スタイリング剤と併用も可能)