連載

「女性のイキ顔を見るためにセックスしてる」と断言する男性とのセックスが、地獄だった

【この記事のキーワード】

英雄(?)は色を好むらしい

 近くのセブンイレブンまで迎えに来てもらい、E氏の車に乗り込みました。車は軽のコンパクトな赤い自動車。やはりE氏はリッチボーイではなかったようです。

 待ち合わせしたのが金曜日だったせいか、E氏はホテルに向かう車内でとにかく仕事が疲れたという話ばかりしていました(ちなみにE氏の仕事は市場の事務らしいです)。

E氏「俺さ、基本的に真面目だから週末は疲れ果てるぐらい働き続けちゃうの」
白雪「そうなんだ、すごいね」
E氏「働ければ働くほど、求めたくなっちゃうんだよね……」
白雪「何を?」
E氏「何をって……わかるでしょ? やっぱさ、英雄色を好むっていうのはよく言ったものだよね」

 英雄……? E氏の服装はユニクロと思われるダウンコート(たしか9980円)に黒いジーンズ。履きつぶしたスニーカー。顔立ちは気のよさそうなお兄ちゃんって感じですが、うっすらと無精ひげが生えていて、全体的に薄汚れています。とはいえ、プライドは高そう。さっきの発言も決して冗談で言ったのではないようなので、ここはツッコまずにスルーが得策でしょう。

 その後もE氏は仕事の激務っぷりをアツく語っていましたが、白雪は話半分に聞き流し、E氏はどんなクンニをするんだろう……とまったく別のことを考えていました。

イク姿が好きっていうけどさ…

 ホテルに到着すると、E氏は慣れた様子で浴室に行き、歯ブラシを2本持ってきました。「最初に歯磨きしないとね」と言いながら、白雪に1本渡してきたので、素直に磨き、口をゆすいで振り返った瞬間、E氏にいきなり唇を奪われました。う~、歯磨き粉臭の吐息~。そしていきなりディープキス~!! E氏はディープキスが大好きなのか、それとも『女性をイかせる前戯』としてなのか、私の舌を吸ったり、歯の間を舐めたり、とにかくキスが濃厚です。

 でもね、ちょっとタイムタイム!! エロ漫画の長いディープキスを終えて「ぷはあ!」と息を吸うシーンさながら、息つく間もないキス……死にそうになるからやめて!! 白雪は基本的に鼻が詰まり気味なので、上手に鼻呼吸できないんです。もはや、舌の気持ち良さどころじゃありません。酸素をよこせええ……ぷはあ!!

E氏「腰、くだけてない? 大丈夫? ベッドに行こうね」

 え、腰は全然大丈夫。白雪が一生懸命酸素を吸っていると、E氏に半ば強引にベッドに連れていかれました。そして、ベッドに押し倒されるやいなや、今度は履いていたスカートをめくられ、ストッキングを脱がされます。ちょっと待って。いきなりクンニ!? お風呂に入っていないのに!? と白雪が焦っていると、E氏はパンツの間から指を入れてきました。

E氏「声、我慢しなくていいよ。ホテルなんだから、思いっきり感じていいんだよ」

1 2 3

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。

一徹がSEXの家庭教師はじめます DVD