カラダ・美容

シミ・大人ニキビ・クマ・ほうれい線まで消しとく!カバー力が凄まじいコンシーラー

【この記事のキーワード】
Photo by Orin Zebest from Flickr

Photo by Orin Zebest from Flickr

 お肌の基礎はスキンケアが大事。メイクにおいては、ベースメイクが1番大切だと思います。たとえ“肌を美しく魅せる”ファンデーションを使用しても、ベースが決まっていないと、発色が悪くヨレやすくなりますよね。

 さらに年齢を重ねるとともに、クマやシミ、ほうれい線や大人ニキビが目立つようになるものです。これを“なかったこと”にしてくれるベースメイクで必須のアイテムが「コンシーラー」。しかし、自分のスキントーンやテクスチャーなど自分の肌とマッチするものって、なかなか見つからないものです。

 スキントーン以外にも、ナチュラル派・しっかり派と毎日しているメイクによっても、どのタイプがいいのか変わってくるかと思います。素肌に近い仕上がりを求めている方は、クリームタイプやスティックタイプは厚塗り感を感じてしまうかもしれませんし、絶対隠したい! という方にとってはリキッドタイプは少し心許ないと感じることもあるかと思います。ちなみに、コンシーラーのタイプは大きく分けて3種類あります。

*リキッドタイプ:水分と油分を程よく含んだリキッドタイプは、目の周りの皮膚が薄い部分にもフィットしやすく、クマ、ほうれい線隠しに。

*クリームタイプ:柔らかめ・固めのテクスチャーがありますが、伸びがいい柔らかめタイプは、シミやそばかすなど広範囲を自然かつ、しっかりカバーしたいときに。

*スティックタイプ:固めスティックタイプで肌に密着しやすいので、ニキビや目立つシミなど、目立つポイントをカバーしたいときに。

(※個人的に、効果的だと思う使用方法です)

 私は、ポチッとした赤い出来物が現れやすく、スキントーンが白いため、にきびもシミもクマも全てが目立ちます。今までどれだけのコンシーラーを試してきたことか……。購入したものの23回の使用でお蔵入りになった“期待外れ”商品のだったもののほうが多いです(あくまでも、“私の肌質”“私の肌の色”には合わなかった、というだけですが)。

今回は、大量のコンシーラーを試した私が、少なくとも1度はリピート購入した優秀なコンシーラーを(カバー力をメインに)ご紹介します!

資生堂「スポッツカバー ファウンデイション」

「資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー) H100 20g」 出典:amazon

「資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー) H100 20g」
出典:amazon

 「もう、手放したくない。いや、手放さない」と誓ったのはこちら。もうカバー力最高! のひとことです。「スポッツカバー」シリーズは、固め(ハード)テクスチャーで部分用の「H」と柔らかめ(ソフト)テクスチャーで全体用の「S」と目的別に選べるようになっています。10色ほど展開しているので、自分に合ったカラーが選べるのではないでしょうか。

 しかし、色白の私でも、色黒の友人でも「100」は馴染む、という優秀ぶりです(クチコミで絶賛されているのも「100」多し)。ちなみに、全体用とされている「S」ですが、個人的な感想ですと、これを顔面全体に塗るとなると、結構な厚塗り感になってしまうと思います。でもポイントでカバーするには少し伸びが良すぎるかなぁ~という感じです。ということで、気になる部分をカバーしたいのであれば「H」がベスト!

 オイリーと乾燥の混合肌の私にとっては、乾燥肌の部分に塗ると、時間が経つと少~し乾燥が目立つかなぁ~とも思いますが、それよりカバー力の強さが勝ちます。

 なによりも「これ、どれだけ持つんだ!?」というほど、だいぶ長く使えます。たとえば、薄いシミや赤みなら「スポッツカバー」のフタを開けて、中指で“ポンポン”。指先に薄~くついた分量で充分にカバーしてくれます。傷跡で悩む方も是非お試しください。

The saem(ザ セム)「カーパーフェクション チップコンシーラー」

「ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA++) (01クリアベージュ)[並行輸入品]」 出典:amazon

「ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA++) (01クリアベージュ)[並行輸入品]」
出典:amazon

 

 資生堂の「スポッツカバー」と悩むほどの優秀コンシーラーはこちら。今では、女性の中では定番コンシーラーでしょうか。韓国コスメメーカー「ザ セム」。「スポッツカバー」と大差ないカバー力ですが、これはクリームタイプかリキッドタイプかの好みだと思います。

 もし、カバーしたい場所が目の周りやほうれい線など皮膚が薄い場所ならば、伸びのいい密着型であるこちらの商品のほうが、肌に馴染みやすいかと思います。「ロングラスティングポリマー」という成分が配合されているので、長時間キープしてくれるのが嬉しいです。しかし1番の魅力はコスパ! たっぷり使える優秀コスメが500円前後で購入できます!

COVERMARK(カバーマーク)「ブライトアップ ファンデーション」

「カバーマーク ブライトアップ ファンデーション SPF33 PA+++ Y-1 [並行輸入品]」 出典:amazon

「カバーマーク ブライトアップ ファンデーション SPF33 PA+++ Y-1 [並行輸入品]」
出典:amazon

  「カバーマーク」はファンデーション下地、パウダーファンデーションと全て、肌のトーンを均一にしてトラブルを隠してくれるプロフェッショナルだと思っております。ナチュラル仕上がり思考の方には少し重く感じるかもしれませんが。ただ「カバーマーク」のコンシーラーは、乾燥肌の人にオススメ!

 保湿成分のほかに、ツヤと潤いを与える特殊パウダー「ラスティングデュウ」配合のため、時間が経ってもみずみずしさをキープして乾燥知らず!スティックから直接塗布しても密着性に優れていますが、少し繰り出したら、中指で暖めて溶かしてその指を気になる部分へトントン……と叩くように置くのがベスト!

NARS(ナーズ)「ラディアント クリーミー コンシーラー」

「ナーズ(NARS) ラディアント クリーミー コンシーラー #VANILLA 海外使用パッケージ[並行輸入品]」 出典:amazon

「ナーズ(NARS) ラディアント クリーミー コンシーラー #VANILLA 海外使用パッケージ[並行輸入品]」
出典:amazon

 気になる部分は隠したいけど、肌の光沢感を失いたくない! という方にはこの商品。軽い質感で塗ってる感がないのに、肌のトーンを均一に整え、薄いシミや赤みをしっかりカバーしてくれます。おまけにツヤのある仕上がり。

 どちらかと言えば、しっかり隠したいシミや出来物よりも、目の周りの小じわやクマ、ほうれい線のピンポイントなら、スキントーンより明るめを選んで、光沢を利用して光で飛ばす! にちょうどいいいかと思います。ソフトで滑らかな肌に仕上げたい方にオススメの逸品です!

IPSA(イプサ)「クリエイティブコンシーラーEX

「イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EX」 出典:amazon

「イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EX」
出典:amazon

 名品と言われていた「クリエイティブコンシーラー」に「EX」がついてパワーアップしてリニューアル! 「色々なコンシーラーを使ってみたけど、全部自分の肌に馴染まない」という方には「自分さえ、隠し場所を忘れる」を打ち出すこちらの商品が最適です!

 ご覧の通り、パレットには絶妙な3色のコンシーラーをブレンドできるので、どんなスキントーンでも対応してくれます。目の下クマには真ん中の「ピンクオレンジ」、小鼻の赤みには下の「ベージュ」、口周りのくすみには上の「ブラウン」のように、その他の部分は自分好みのブレンドなど、場所によって付属の筆で細かく使い分け! ひとつのパレットで“色々”をカバーしたい方にはもってこいですよ!

Studio Line コンシーラー 専用 ブラシ 化粧 メイク 米国 ハリウッド プロフェッショナル 【アマゾン限定販売】