カルチャー

ベッドの上で豹変! 同僚の物静かな隠れイケメンを誘ってみたらSプレイ炸裂/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 物静かだと思っていた人が、ベッドではものすごい激しくて……というM心をくすぐるギャップを描いた作品であり、月野さんの類を見ない強烈キャラクターに多くのSILK LABOファンがざわついた衝撃作『volte‐face- 月野帯人-』がDMM.comにて配信されています。

 吉沢(月野帯人)が会社の同僚の青木(篠田ゆう)宅にお邪魔するシーンから始まります。何でも、青木のパソコンの修理に来たそうで、「今日はすみません」と謝る青木に、吉沢は「困ってる時はお互い様ですから~」とニコニコと感じ良く入室……というか、はりついたような笑顔でニヤニヤしている、と言ったほうが正しいでしょう。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 というのも、吉沢はYシャツのボタンを全部閉めて眼鏡をかけ、少し猫背で手を前で重ねているという、地味で冴えないオタクっぽい役柄なんです。女性社員人気は最悪で、青木にとっても論外だったそうですが、ある日、眼鏡を外している姿を目撃して以来、レンズの奥に潜む野獣のような瞳に心を奪われてしまったとのこと。今日は、「絶対モノにしてみせる!」と決意を固めた決戦の日だったのです。

 いざ修理が始まっても、一切はりついた笑顔は崩さず、青木と目が合ってもニヤニヤ。青木が「正直、来てくれると思わなかったです」と話しかけると、「そうですか? 青木さんにはいつもお世話になってるので、何か恩返しをしなきゃなって思ってたんですよ~」と青木の目を見てニヤニヤ笑い、高速ブラインドタッチ!!! もう笑いが止まりません! ぜひ動画でご覧いただきたい名シーンです。

SILK LABO公式サイトより

SILK LABO公式サイトより

 ここで、プチ情報をひとつ。本作の笑顔は、月野さんいわく監督・祖父江さんに「一徹さんみたいに笑ってください」と言われてモノマネしているそうです。何をどうマネたら、こんなに珍キャラクターが誕生したのか……!!

 さて。その後も高速ブラインドタッチで操作を続け、あっという間に作業は終わります。すぐさま「じゃ、これで僕は帰りますね」とニヤニヤしながら帰ろうとすると、青木は「え、もう帰っちゃうんですか?」と少し引き止めます。それでも、笑顔で「他に何かありましたっけ?」と立ち上がろうとする吉沢に、青木はYシャツを裾を掴み「帰らないでください」と立ち上がって抱きしめるのです! 直球勝負ですね~!!

1 2

COCOON anthology1 DVD