ゴシップ

KAT-TUNが来年から活動再開!? 田口は結婚検討、聖は復帰、赤西は順調、亀梨は骨折、上田は演技派、中丸はゴリ推し?

【この記事のキーワード】
KAT-TUN

待ってました!!!

 デビュー以来ほんとうにいろいろあった彼らだが、いよいよ本格復活の日が近づいてきたのだろうか……。125日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、昨年5月に活動を休止したジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・KAT-TUN2018年に活動を復活させるはずだと息巻いている。

 改めて書くまでもないだろうが、結成当初は6人グループであったKAT-TUN。現メンバーは亀梨和也(31)、中丸雄一(34)、上田竜也(34)の3人。そして元メンバーは赤西仁(33)、田口淳之介(32)、田中聖(32)である。KAT-TUNの結成は2001年、メジャーデビューは2006年のことだった。デビューシングル「REAL FACE」はミリオンセラーを記録しグループの活動は順風満帆であったにも関わらず、2010年に赤西が脱退。2013年には田中が「ルール違反があった」との理由で事務所を解雇されメンバーから抜けることに。そして昨年3月に田口が脱退し、5月にはグループとして活動休止に入ったのである。

 同誌によると、いよいよ来年から活動を再開することが決まっており、まずはファンミーティングから、そして2月にはツアーも行うという。さらには来年1月からスタートする亀梨主演のドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)の主題歌を担当することも決まっている、と芸能関係者や音楽ライターからの証言を得ている。10月末のソロライブで亀梨が観客に「次会うときは一人じゃないと思うんで!」とメッセージを送り、同時期にひとり舞台に立った中丸も「(復活は)個人的には来年じゃないかと思っている。来年いかないと逆にまずいような気がする」と話したこと、さらにジャニーズ事務所内の人事の動きも活動再開を見越したものだともっぱらである。

 一方、活動休止の直接の原因ともなった田口の近況はどうなっているのだろうか。ジャニーズ事務所を退社したものは表舞台では活動できない――長らく語られてきたこの話を根底から覆すように、彼は脱退してから11カ月後の今年45日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューシングル「Connect」を発売している。その2カ月前の3月には「神戸コレクション2017 SPRINGSUMMER」のランウェイにも登場。大歓声のなか笑顔を振りまき、ジャニーズ事務所退社のダメージなどなにもないように振る舞ってみせた。田口はこれまでのいわゆる<辞めジャニ>では考えられないほどの早さで移籍&メディア露出を成し得たわけである。そして今年1129日にはファンクラブ限定のバースデーライブを都内で開催。そこには約800人のファンが結集し、ライブではファンと田口の距離がかなり近く写真撮影OKが出た時間もあったようだ。

 さて、同誌はその2日後に恋人である小嶺麗奈と同棲するマンションに田口を訪ね取材を行っている。KAT-TUNの活動再開について尋ねられた田口は「すごくうれしい」とコメント。田口の脱退が活動休止の原因になったのではないかとの問いには「自分で言うのもなんですが、その可能性は否定できない。けどその先のことは3人が決めたんだと思います」と話したそうだが……今年の4月にスポーツ紙に掲載されたインタビューの中では活動休止について「休止を決めたことは、もちろん僕も実際ノータッチで、3人が選んだことだと思う」と語り自己中ぶりを露呈した頃に比べると、発言にも少し、ほんの少しだけは気を遣うようになったようである。さらに小嶺との結婚についても、「まだ詳しい時期はあれですけど、したいなと思っています」と堂々と答えたようだ。

 ほかの元メンバーの近況はというと、まず赤西は順調そのものだ。今年10月に田口と同じくユニバーサルミュージックと業務提携を行いメジャー復帰となっている。私生活でも第二子が誕生し、家庭も仕事も夜遊びも充実。今年5月に大麻取締法違反で逮捕された田中(証拠不十分で不起訴)も、ヴォーカルとして参加していたバンド・INKTは解散したものの、現在はすでにKOKIとして音楽活動を復活させており、今年の大みそかにはカウントダウンライブ、年明けの1月にもライブが決定している。

1 2

JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI ~Resume~(DVD)