ゴシップ

栗山千明の顔面が激変!! 『チーム・バチスタ4』ほぼ別人?

【この記事のキーワード】
「流星のナミダ(初回生産限定盤)」DefSTAR RECORDS

「流星のナミダ(初回生産限定盤)」DefSTAR RECORDS

 続々と冬の新ドラマがスタートした今週。中でもフジテレビは続編ものの医療ドラマに力を入れており、7日には『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』、9日に『医龍4~Team Medical Dragon~』が初回放送した。いずれも視聴率は11~12%前後で不安の残る幕開けとなっている。

 不安といえば、『チーム・バチスタ4』に出演中の女優・栗山千明(29)がまるで別人のような顔つきになっているということがネット上で拡散されている。6日に都内で行われた同作の制作発表会見時に撮影された何枚もの写真において、彼女の輪郭が激変して見えるというのだ。

 確かにそれら写真を見ると、彼女の特徴でもあったエラがすっきり消失している。頬~首にかけてのラインの角張りがなく、顔全体の印象も少し老けて見え、先輩女優の松雪泰子にそっくりだという声も。アーティスト活動をする際とは異なり、眉山をなだらかにし、目元も強調しないナチュラルメイクだったために、より「いつもと違う感じ」に見えただけという可能性もあるが……。

 エラ整形はもはや日本でもメジャーなもののひとつで、輪郭の骨を削り取ったり筋肉や脂肪を除去したりという大掛かりな施術ではなく、ボトックス注射を打ち(施術時間は約10分!)フェイスラインを整える施術が人気になっているという。昨年は元AKB48の前田敦子も「急に輪郭が変わった」と話題になり、この施術を疑われていた。

 ただ、栗山の場合、6日の会見では不自然な表情に見えたものの、7日に放送された本編では以前の美しい彼女のまま、輪郭にも特に違和感はなかった。いくらなんでも、まだ撮影中のドラマに主要キャラとして参加している最中に、そうした施術を行うものだろうか? また、もともと美容整形の必要などどこにもないほど整った顔立ちでフェイスラインも含めてその美しさを賛美されていた栗山だけに、今回の疑惑にファンは嘆きの声を寄せている。劇中、どこかのタイミングで彼女の印象がガラッと変わってしまうことがなければよいのだが。
(犬咲マコト)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

カンタン!小顔美人マッサージ―むくみくすみエラ丸顔etc…スッキリ解消! (にちぶんMOOK)