連載

「iroha ZEN」はヒダヒダがグッジョブ! 最新バイブを使い倒そう

【この記事のキーワード】
momoco211a

もうおなじみの和テイスト。iroha公式HP

 毎年たくさんの新発売バイブレーターを見ています。人と人との出会いもそうだと思いますが、出会いが多くても印象に残る出会いは案外、少ないものです。何度か会っているのに名前が覚えられない、何を話したか思い出せない人っていませんか? バイブの中にも、ちゃんと試した、それなりに気持ちよかった……でも印象が薄い、というものは少なくありません。

 よく言えばスタンダード、悪く言えば既存商品の模倣のようなバイブレーターが多くて、似たり寄ったりになりがちだからというのが理由のひとつではあります。この時期「今年のベストは」とふり返ったりするのですが、ほとんど記憶に残っておらず、あれ私こんなの試したっけ? と思うものもちょいちょいあります。

 とはいえ、ハッとする出会いもあるからバイブコレクションは辞められません。そのひとつが「iroha」。初代の商品を初めて見た時は、本当にハッとしたんです。「あのTENGAが女性版を」という触れ込みだったんでギラギラ感のあるスタイリッシュ系デザインだと思いきや、和菓子を思わせるはんなりデザインで、しかも手にとってみると柔らかで、滑らかで。そうきたか! という驚きとともに、これまでのラブグッズ界になかった路線が生まれた瞬間に立ち会えたようでワクワクしました。

 そんなirohaの最新作が「ZEN」です。見た目はまるで、お茶を立てる時の「茶せん」。そして、和菓子の練りきりのような色合い。irohaが作ったジャパニーズ・ラブグッズの王道をそのまま踏襲するデザインで、これは海外の方に喜ばれそう感がビシビシ伝わってきます。

 今冬、最大の注目株のひとつとなること間違いナシの「iroha ZEN」。私のオススメポイントをまとめます。

サイズ

 まさに「手のひらに収まるサイズ」ですね。私は最初、ローターなの? バイブなの? と悩みました。ローターにしては大きめだし、バイブにしてはかなり小さめ。でも、どっちでもいいんです! というか、どっちの用途としても使ってほしい。

momoco211b

ハンディサイズです。

 バイブレーターとして使う時、これが「太くない」とは言いません。直径はわりとあります。なのでビギナーさんも、いえ、そうでなくとも挿入前にはしっかり前戯でほぐしてください。ひとりの時も「セルフ前戯」を忘れずに! 後述しますが「ZEN」は前戯に最適なのです。

 その分「短い」わけですが、これ実は嬉しいポイントです。自分で自分に使う時はいいのですが、男性が女性にバイブを使う時ってガシガシと奥までつっこみすぎ! クリバイブが付いたタイプならまだしも、こうした1本タイプはどこまでも入ってしまうので、危険な場合もあるのです。それでもって「ズボズボするのがいい!」と間違った刷り込みを行動に移されると、女性としては悲鳴をあげたくなりますよね。もちろん男性全般にもしっかり周知していく必要はありますが、バイブ自体が短いと心配がひとつ減ることはたしかです。

柔らかさ

 irohaは初代から、素材に対する強いこだわりが見られます。「ぷにぷに」とも「ふわふわ」とも表現できる柔らかさ。指でそっと押すとその部分が軽く沈みます。“和菓子のような”というのは見た目だけの話ではなく、このもっちり感のことでもあるのです。

 私はソフト素材のバイブが好きです。特に欧米系の高級バイブレーターにはカタイ素材のものが多いですが、前戯が足りなかったりすると、挿入後にいつまでも異物感が強く残るのです。これじゃ気持ちよくなれない……。

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

日本人のしきたりいろは図鑑