カラダ・美容

ベストセラーの脱毛器がスゴイ! 衣類のシミとり家電に感動! ボーナスで買いたい家電グッズ

【この記事のキーワード】
Photo by boy wakanmuri from Flickr

Photo by boy wakanmuri from Flickr

 冬のボーナスをいただくと、「家電」が欲しくなるのはなぜなんでしょう。今すぐに絶対必要! なものではなくても、「あったらいいな」「でも、即決するほどお手頃な値段でもないのよねぇ」という商品に、手が伸びちゃいます。だって高性能家電ってちょっと幸せになりますもん。

 みなさんは、今年の冬に欲しい家電はありますか? 今回は個人的な超絶オススメ商品と、この冬に手に入れたい人気商品を厳選してご紹介したいと思います。自分へのご褒美、あるいは大切な人へのプレゼントにどうぞ。

BRAUN(ブラウン)「シルクエキスパート」

「ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5002」44,700円 出典:amazon

「ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5002」44,700円
出典:amazon

 脱毛サロンでも多く見られる、肌の表面に照射する光脱毛。黒い色素である「メラニン」に反応する光エネルギーが、毛根にダメージを与えてムダ毛のサイクルを絶つ、という仕組みです。サロンに行く時間はないけどムダ毛を毛根から処理したい方、サロンで脱毛していない箇所を自宅でやりたい、という方に是非オススメしたい商品があります。電気シェーバーや電動歯ブラシでお馴染みのメーカー「ブラウン」が、女性向け家庭用光脱毛器を発売していた、しかも使用した方からの評判がすこぶる高く、超人気商品だってご存知ですか? 悪いことは言わないから、とりあえずamazonレビュー見に行ったほうがいいですよ!

 家庭用脱毛器といえば、「ケノン」が有名ですよね。もちろん人気商品で愛用ユーザー多数のベストセラーではあると思うのですが、「焦げ臭い」「痛いだけで効果なし」などのマイナスレビューもありまして、……これは結局、“出力レベル”の問題です。一般的な光美容器は、使用時の出力レベルを自分で調整する仕様が多いですよね。そのため、「効果が大きいかも!」とついつい強い出力で照射してしまい、結果ヤケドをしてしまう、と。

 その点、「シルクエキスパート」は考えてる。「フラッシュ自動調節システム」が搭載されているんです。これは照射のたびに肌の色を読み取って、その箇所にとって効率的で安全な照射量を自動で選択してくれます。さらに、自動調節機能以外にも、照射間隔がスピーディーな「連続フラッシュモード」やデリケートな部位にも使用可能な「やわらかフラッシュモード」も搭載されているため、肌のコンディションに合わせて使用できるんです。今から使用すれば、春~夏にはツルツル素肌になっているかも!

SHARPシャープ)「超音波ウォッシャー」

 麺類を食べ終えた際はもちろんのこと「何故、ここまで飛んでるのか」という場所にまで食べ物、口紅、コーヒーなどが付着していることが多々あります。パスタを食べたあとの男性のワイシャツには高確率で見かけますね。そのため、汚れに気付いたらすぐに落とせるように毎日持ち歩き、数年間もお世話になっていたのが「トップ シミとりレスキュー」。今まで何十個買って使い切ってきたかわからないほどです。

 でも、飲食物やメイクなど付着してしまったもの以外にも、襟や袖の黒ずみなどを手軽に落とせる商品をずーっと探していたんですよね……。そしてついに今年、こちらの商品に出会ってしまいました。最高。

「シャープ 超音波ウォッシャー ピンク UW-A1-P」11,690円 出典:amazon

「シャープ 超音波ウォッシャー ピンク UW-A1-P」11,690円
出典:amazon

 「汚れをその場で落とす!」的なコンパクトな家電を、今まで3つほど購入したことがあります。しかし結局「シミとりレスキュー」に舞い戻る始末。持ち運びには重いもの、生地は痛むけど洗剤つけて手でゴシゴシした方が落ちるんですけど~という結果のものと、あまり納得した商品には出会えませんでした。

 “超音波を利用して汚れを吹き飛ばす”と謳っている詳細は、水に浸した部分になぞるように動かすだけ。この時、毎秒38,000回の超音波振動を加えることで超微細な真空の泡が発生⇒真空の泡が破裂⇒このパワーで汚れが剥がれる! というしくみ。

なぞるだけ~♪

なぞるだけ~♪

 衝動買いしてしまったものの、正直、今まで使用したことのある商品のように“衣類を叩き、汚れを押し出す”系ならわかりやすいんですが、しくみが想像しにくいこともあり、まーったく期待しておりませんでした。

 ところが。

 使用してみての感想は「マジか! スゴイわ」。数時間、家の中のあらゆるものがキレイになりました。楽しすぎて実演販売のように、わざと醤油をこぼしたり、リップをつけたりしたくらい、短時間でなにもなかったかのように汚れを落としてくれました。

※酸化して黄ばみに変化した皮脂や、汚れてから長期間経過しているものは落とせないそうです。ただ、数年前から放置していた布製のバッグの黒ずみは消えましたよ!!!

ROOMMATE(ルームメイト)「ドライクリーン」(EB-RM5600G

「ROOMMATE ふとん乾燥機 ドライクリーン イオニシモ搭載 EB-RM5600G」9,800円 出典:amazon

「ROOMMATE ふとん乾燥機 ドライクリーン イオニシモ搭載 EB-RM5600G」9,800円
出典:amazon

 人は寝ている間に最低でもコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、この季節、いつも以上に厚着をしたり湯たんぽを活用しているとさらに汗ばんでいるでしょう。この汗は、布団の上部におよそ30%、床部分におよそ70%が湿気となって溜まっていくといいます。布団意外にも、洋服やブーツなども湿気まみれ……ということで、乾燥機を探していました。そこで発見したイチオシ商品がこちら! 家電や雑貨などの企画・デザイン・販売を行う会社「E.Balance(イーバランス)」から発売されているブランド「ルームメイト」の乾燥機です。

 この商品の魅力は、イオン発生器も搭載されているのですが、この商品以外にも「シャープ 布団乾燥機」と「パナソニック ふとん乾燥機」もイオン発生器搭載。しかしどちらも、重さが気になる、デザインが気になる……と悩んでいた中で見つけたのがこの商品でした。デザインもシンプル! コンパクトで持ち運びしやすい!

 1番の魅力は、最先端の電子部品を設計・製造している「村田製作所」とタッグを組んでいるところ。そのため、村田製作所が開発した「イオニシモ」という空気清浄、除菌、消臭、除電などの効果を得ることができるイオナイザモジュールが搭載されています。このイオナイザモジュールがふとん乾燥機に使用されるのは、はじめてのようです! 今ならお手頃価格で手に入りそうなのでゲットしたいと思います。

リュミエリーナ「ヘアビューザー」

「ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル HBE2D-P」32,200円 出典:amazon

「ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル HBE2D-P」32,200円
出典:amazon

 いつからかドライヤーって、パサつきやクセ毛に効果があると言われているマイナスイオン機能がついたものも多くなりましたね。髪にどんな期待をするのかで、選び方は変わってくると思いますが私の場合、あの温風が苦手です。髪を乾かしている時のあの温風が顔に当たる度に「今、顔面が乾燥してるぅ~!」「シワが増えるぅ~」と思ってしまうため、ドライヤーが嫌いなんです。

 そんな話をした際、お店の方に紹介されたのはこちらの商品。この商品を導入している美容室も多いようですが、ちょっとお高めにも関らず、「魔法のドライヤー」と呼ばれるほど大人気商品です。その秘密は、ドライヤーに内臓された「リュミエリーナ」が独自に開発した特殊なセラミックが遠赤外線などの光を放つことで……髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化⇒ ダメージで髪が広がることなく、頭皮に風を当て続けることで髪がボリュームアップ! ⇒ 「肌に風を当てるとたんぱく質を活性化させるため、キメが整い、潤いが増す」という従来のドライヤーの概念を覆した、美容商品です。

 おそらく説明だけ聞くと「内蔵されているものを説明されても見えないし」と疑ってかかっていたのですが、お店で通常のドライヤーと「ヘアビューザー」とで左右で使い分けてみて、ツヤの違いにたまげました。とはいえ、まだお財布と相談中ですが。気になる方は使用させてもらえる家電量販店でお試しください!

HITACHI(日立)「ハダクリエ ホット&クール」

「日立 美顔器 ハダクリエ ホット&クール うるおい保湿 ロゼホワイト CM-N4000 W」17,375円 出典:amazon

「日立 美顔器 ハダクリエ ホット&クール うるおい保湿 ロゼホワイト CM-N4000 W」17,375円
出典:amazon

 フェイシャルケア商品は、様々なメーカーから続々発売されていますが、日立の商品はいつも話題になりますよね~。「しっかりと毛穴に汚れを取りながら、エイジングケアをしたい」としわやたるみが気になりだした友人の誕生日プレゼントのために色々な商品と比較して家電量販店の店員さんに聞きまくりました。結果……総合的に文句なし! と感じたのがこちらです。

 「ハダクリエ」は今までも改良や新機能を搭載しながらいくつか発売されているシリーズです。最新商品は、肌が心地よく感じる約40℃の温熱ヘッド、小鼻周辺にも当てやすい新形状ヘッドを搭載しています。

*「温クレンジング」:洗顔で落としきれない毛穴の奥の汚れを引き出して、しっかりクレンジング!

*「温モイストアップ」:温熱ヘッドの熱で毛穴を開かせ、化粧水のうるおい成分を肌の角質層までしっかり浸透!

*「温マスク」:化粧水の潤いを閉じ込めるように、クリームや乳液を塗ってフタをするようにヘッドで閉じ込める!

*「クールモード」:この過程でもちもちになった肌の仕上げ! 開いた毛穴を冷却ヘッドで引き締める!

「ホット&クール」の使い分けにより、保湿成分が肌に馴染み、翌朝まで保湿効果が期待できるので、乾燥による小ジワが目立たない肌へとケアへと導いてくれます。

家電批評 2018年 1月号 雑誌