恋愛・セックス

非EDの男性が勃起薬を使うと…「勃ちすぎてイケない」「勃起が収まらない」危険アリ

【この記事のキーワード】
非EDの男性が勃起薬を使うと…「勃ちすぎてイケない」「勃起が収まらない」危険アリの画像1

Photo by Kevin McShane from Flickr

 「理想のチンコ」の話になると、長さや太さといった形状に偏りがちですが、セックスする上で大事なのは、硬さだったりします。ちゃんと勃たないと挿入できない、ということもありますしね。

 でも、チンコは女性が想像している以上に繊細なもの。エロ画像を見たり、エロいシチュエーションになればすぐ勃起するものでしょ、と思いがちですが、チンコは飲酒や疲労、精神的なストレスといった理由で「今日は勃ちにくいな」という日があったりします。緊張して勃たない、なんてこともあるんですよ。

「勃ちにくい」が続く場合はED(勃起不全)の可能性があって、治療方法もあります。その際に用いられるのが、バイアグラといった「勃起薬」。勃起薬を処方してもらうには、基本的に医師の診察が必要ですが、現状はネットで購入ができてしまうため、EDではないのに勃起薬を飲んでいる男性もいたりします。

非ED男性は手を出すべきじゃない

 EDではないのに勃起薬を服用してセックスをする男性は、私も何度か遭遇しています。友達から薬を譲り受けて興味本位で服用してしまったり、早漏と自覚している男性が長時間セックスしたくて手を出しているパターンでした。

 しかし、勃起薬はあくまでEDの治療のために使われるもの。血の巡りを良くして、陰茎の海綿体に血が集まりやすくなる効果がある薬なわけで、別に性的興奮を高める薬ではありません。あくまでも、勃起をサポートしてくれる薬なのです。

 たしかに、勃起薬を飲んだという男性はギンギンです。お酒を飲んでいても、薬の効果なのか、短時間で複数回射精した男性もいました。でも、勃起がなかなか収まらなかったり、勃ちすぎて逆にイケなかったり、本人も痛いくらい勃起してしまう男性もいました。

 ある早漏気味の男性は「友達からもらった」という勃起薬をセックス前に服用。たしかにいつもより持続力がありましたが、持続力がありすぎて、最終的には射精もできず、その後もなかなか勃起が収まらない状態が続きました。勃起薬を飲んだことが裏目に出てしまったのです。

 また、ネットで購入した勃起薬はニセモノが多いそうです。適正な用法・容量もありますから、勃ちにくい状態ならまずは医師に相談すべきですね。女性もパートナーが勃ちにくいからといって、ネットで勃起薬を購入するのはやめましょう。勃起薬には頭痛や吐き気といった副作用もあるので、素人が安易に手を出すべきではありません。「今日はちょっと勃ちが悪いかも」という夜は、無理にセックスしなくてもいいでしょう。

 ちなみに、勃起薬の効果がありすぎてギンギンになりすぎたチンコで突かれると気持ちいいどころか「痛い」ことが多いです。硬ければ硬いほど良いってわけではないんですよね……。

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

TENGA MEN'S CHARGE テンガ メンズチャージ【高純度エナジーゼリー飲料】