ゴシップ

AKB48の天狗ぶりに哀川翔が激怒? 「仕事」の自覚ないメンバーも

【この記事のキーワード】
『次の足跡Type B 』キングレコード

『次の足跡Type B 』キングレコード

 17日放送の『有吉ジャポン』(TBS系)で、芸能界の最大派閥アイドルグループ・AKB48メンバーの不届きなマナーが話題となった。この日の内容は「ご当地アイドル特集」で、ハロー!プロジェクトの「Berryz工房」メンバー嗣永桃子、アイドルのみならず芸能界全般に詳しいプロインタビュアーの吉田豪らが出演した。

 「吉田豪は見た!あのアイドルの裏側」というトークテーマで、司会の有吉弘行が吉田に「たとえばAKBとかで態度悪いな、なんて子もいたりするんですか?」と尋ね、吉田が「僕は感じたことはないですけど、怒ってる人は多いですよね」と回答、具体的には哀川翔の名を上げていた。哀川は「あいつら何で挨拶しねえんだ、俺に喧嘩売ってんのか」と怒っていたという。それを受けて有吉も、「あ、それよく聞きますねそれは、『あいつら挨拶できねえのか』は、いろんな人から聞きますね」と……。

 実際、以前にはJOYが「AKBメンバーに挨拶を無視された。テレビ局の廊下ですれ違う時に目が合ったから挨拶したのにフルシカト」と別のテレビ番組で明かし、腹を立てていた。その後JOYは「テレビにその子が出てたらチャンネルを変える」ほど大嫌いになってしまったという。他の芸能人や、スタッフに対してまでAKBの一部のメンバーが同様の態度を取っているとしたら、グループ全体にとっても大きな問題といっていいだろう。

 その他、元メンバーの前田敦子は在籍時から傲慢な態度がたびたびマスコミに報じられてきたが、「機嫌の良し悪しをあからさまに態度に出し、取材中でも記者の話をシカトしたりタメ口で答えたりする」(週刊誌記者)。同じく卒業した河西智美も「すぐに機嫌を損ねて困る」(同)、板野友美に至っては「往年の沢尻エリカ。そこまで多忙でもないくせに『さっきも同じこと聞かれたし~』とか……もはや誰も板野の取材は担当したがらない」(同)。一方で評判の良いのは高橋みなみや渡辺麻友だが、それ以下の知名度の低いメンツに至っても「自分たちのお喋りに夢中で女子校ノリ。仕事現場にいるという自覚が足りない」(同)と手厳しい評価が。

 芸能界に限らず、どんな仕事に就いていても挨拶は基本中の基本。また、AKBは高橋みなみのように芸歴8年のメンバーや、小嶋陽菜や大島優子といったAKB加入前からタレント活動をしていたメンバーもいるものの、まだまだ新人タレントでしかないメンバーも多い。そのうえ、グループ全体として“売れて”いても個々人として売れっ子と言える者はかなり少ない。しかし、グループでの知名度自体は高く、大舞台での公演やテレビ出演もあるため、一部のメンバーは「私は売れっ子だ」と恥ずかしい勘違いをして天狗になってしまっているのだろうか。今一度、気を引き締めた方が良さそうだ。
(犬咲マコト)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

町でうわさの天狗の子 12 原画集付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)