連載

日本人女子が逆ナンした韓国男子、その足首に着けられた「輪っか」の衝撃の意味

【この記事のキーワード】
Seoul133

お持ち帰り、じゃ済まないから!Photo by gTunes from Flickr

 韓国の居酒屋で飲んでいると、日本人女子が韓国男子に手当たり次第声をかけまくっている姿をよく見かける。2017年だけでもどれだけ目撃したことか。日本人女子の狩人っぷりたるや、ほんとにすごいのなんの。

 昨日もホンデ(弘大、韓国の下北沢)の居酒屋にいると、狩人な日本人女子2人組に遭遇。22歳~23歳ぐらいかな? 人気ボーイズグループ「防弾少年団」のキャラクターがデザインされたお揃いのリュックを背負い、ビールと焼酎の瓶を抱えて居酒屋の店内をうろうろする2人。男だけのテーブルを見つけては、「アンニョンハセヨ~~~」と言いながら強引にその席に座ろうとする姿、あっぱれ。

 残念なことに、ほとんどのテーブルの男たちから迷惑そうな顔で無視されていたのですが、彼女たちは動じることなく、また「アンニョンハセヨ~~~」と次のテーブルに突撃を続けていました。ったく、どんだけ韓国男子がほしいんだよ(笑)。

 そんなことを続けていると、ついにある韓国人男子2人組が彼女たちを自分たちのテーブルに優しく迎え入れたのです!

イケメンを逆ナン成功!?

 こちらの2人組はなかなかのイケメン。モデル級ではないものの、カタイがよくて、いかにも韓国女子からもモテそうな20代後半のお兄さんタイプ。

 それに対して日本人女子2人組といったら、リュックにぬいぐるみもぶらさげちゃった幼い系なので、ビジュアル的にはあまり似合いの組み合わせではありません。それでも、合流直後から大声をあげて焼酎で乾杯するなど、かなりの盛り上がりぶり。すぐに自然とカップルができあがり、イチャイチャタイムに突入しました。

 もうここからは、目を覆いたくなるほど(いや、しっかり見てたけどね)いやらしく盛り上がるカップル2組。ただチュッチュッしているだけでも目のやり場に困るのに、彼らは舌を伸ばして、絡み合わせて、ベロベロベロベローーン、ベロベロベロベローーンをくり返していました。

1 2

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)