カルチャー

マッサージシチュの濃厚愛撫&焦らしプレイに釘付け! カップルの「もみ合いっこ」も…/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 言わずと知れた夜のお供の救世主、DMM.com。今回は2017年にご紹介したAVレビューにて人気の高かった10作品をシチュエーション別にピックアップ! 本日は“マッサージシチュ”です☆ 普通のマッサージ施術だと思ったら……なんてハプニングや、カップルのセックスの前のイチャラブマッサージなどなど、いまや女性向けAVの中で不動の人気シチュと言えるでしょう。

1挿入なしの性感マッサージは究極の焦らしプレイ! 連続絶頂で「無理…挿れて…挿れて…」

 ドラマ要素が強い上にしっかりエッチという、マッサージシチュ好きにはたまらない作品『salon NATSUNO first love』からUMI後編がランクイン! 夏野海(有馬芳彦)が店長を務める高級マッサージ店「salonNATSUNO」に、夏野に思いを寄せる銀座のクラブのママ・松雨美(春原未来)が来店し、ヤリチン副店長の瀧本(上原千明)が過激接客をしていた日のこと。ついに瀧本が乳首を舐め始めたその時、夏野と交代。しかし、雨美の身体は瀧本の全身愛撫によってすでにトロトロで……。

 瀧本の施術中に「ごめんなさい、はしたない声を出してしまったみたいで……」と恥ずかしがる雨美ですが、夏野は「本日はスペシャルコースですので、声は出るかと思います」とのこと。そう、夏野の施術も超過激なんです!!!

 注目は、手マンで絶頂を迎えた後。まだ息の荒い雨美に、夏野は耳元で「四つん這いになってださい、いつでも……」と指示します。雨美が四つん這いの体制になると、夏野は雨美の胸の下に顔を入れ、乳首を口に含んで同時に手マンも開始! これに雨美は悶えまくり、自ら「もうだめ……挿れてください……」とおねだり。しかし「それはできません」と一蹴されてしまいます。

 さらに「僕の上にまたがってください」と顔面騎乗位が始まると、胸を揉まれながら続くクンニに雨美はまたまた限界を迎えます。泣きそうな顔で「無理……挿れて……挿れて……」と夏野のアソコをズボン越しに弄るのですが、それでも夏野は「できません」と断るのです。雨美の物欲しそうな表情がたまりません! 焦らし好きの方、必見ですよ!!

【作品視聴はこちらからイケます↓】
PC
SP

1 2 3

salon NATSUNO ~first love~ DVD