ゴシップ

藤原紀香の胸が「硬そう」「パンパン」で偽乳疑惑!? 「異物に頼ることは避けたい」はずが…

【この記事のキーワード】
藤原紀香の胸が「硬そう」「パンパン」で偽乳疑惑!? 「異物に頼ることは避けたい」はずが…の画像1

日本テレビ「日テレオンデマンド」より

 女優・藤原紀香(46)の胸に「違和感しかない」と話題だ。

 12月21日放送のドラマ『眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~』(日本テレビ系/第1夜)で、劇団EXILE・鈴木伸之(25)とのベッドシーンに挑んだ紀香。ベッドの上で裸になった2人がディープキスを交わし、鈴木が紀香の乳房をわしづかみにする濃厚な濡れ場がドラマ冒頭から展開された。

 紀香は元々「巨乳」の持ち主というイメージが強いが、このベッドシーンで見せた胸はいくらなんでも「パンパン」だった。鈴木が乳首を隠すかのように手のひら全体で揉んでいるのだが、映像を見る限りかなり乳房が張っているような状態で、仰向けになっても左右に流れたりせず、キレイすぎるくらい形がキープされている。いわば、豊胸をしたかのような胸なのだ。

 紀香のキレイすぎる胸は、ネットでも「1ミリも脇に流れないし、違和感しかない」「硬そう」「胸の位置がおかしい」「丸すぎ」といった声が上がっている状態だ。“何か”を入れているのだろうか。

 紀香は、昨年自身のブログで、「注射や手術などの整形をしなくても、自分の顔の筋肉を鍛えることで、今よりもっと若々しく、美しくなれるんです」と主張している。その際、「色々な考えがあると思いますが、事故や病気などで必要である以外、私は整形などの異物に頼ることは避けたいと思っています」と宣言。身体に異物は入れない=整形手術はしない、としているが……。

 紀香は、過去に“逆立ち”をすることで、位置がズレてしまった内蔵や下がってしまった肉を元の位置に戻し、美胸をキープしていると明かしている。だが、胸は加齢によって「垂れてくる」ものだ。もともとのサイズが大きいだけに、抗えないものもあると思われるが。

 本物の美胸であるなら、そのまんまるおわん形をキープする方法を知りたい女性は多いハズ。ぜひとも美胸を保つ方法を教えてほしい。そして、後編でさらなる濡れ場があるのかも気になるところだ。

紀香バディ!