恋愛・セックス

風俗嬢が教えるチンコの洗い方 「洗いながら、責めるのもアリ」!

【この記事のキーワード】
風俗嬢が教えるチンコの洗い方 「洗いながら、責めるのもアリ」!の画像1

Photo by LetNoun from Flickr

 チンコって触ったり、舐めたりはするけど、洗ってあげることって、付き合っている男性相手でも、案外しないですよね(将来、男の子を産んだら経験するんだろうけど)。

 しかし、風俗となると話は別。風俗は「エッチなプレイをして、ただチンコを抜けばいい」と想像しがちですが、お客さんの身体を洗うこともプレイのひとつとして考えられています。学園系のヘルス嬢のひなのさん(21歳/仮名)も、「入店時にお客さんの身体の洗い方を講習で習いました。イチャラブな感じで洗ってと教わりましたね」と話します。

 イチャラブな感じは素人でもなんとなくできそうですが、意外と知らないのがチンコの洗い方です。今回は風俗嬢のひなのさんに「チンコの洗い方」のコツを教えてもらいます。

洗いながら責めるのもアリ!

 入店時の講習で習うとは言っても、人によって教え方が違ったり、経験によって得ているものもあるため、「風俗嬢によって、洗う順番や方法は個人差がある」そう。あくまで、ひなのさんの方法として読み進めてください。

 ひなのさんは、まずシャワーでお客さんの身体全体を洗い流したあと、ボディーソープを泡立てて、首や乳首、脇といった「自分が舐めるところ、匂いが気になるところ」を重点的に洗ったら、チンコに移行するそうです。基本、「陰毛→亀頭とカリ→竿→玉」の順に洗っているといいます。

・陰毛
「毛量が多かったりすると、汗で蒸れていたりしますね。フェラの時、鼻を直撃する部分でもあるので、部分的にしっかりと洗ってます。毛で泡を立てるイメージですね」

・亀頭とカリ
「恥垢が溜まりやすい場所なので一番しっかりと洗っているところです。ズルムケなら問題ないですが、中には皮がムケにくいチンコもあります。無理矢理ムクと痛みを伴うので、慎重に扱いましょう。加減がわからなかったら、そこに関しては男性側に任していいかも。気が利く男性は自分でムイてたりしますね。デリケートな部分なので基本は優しく。カリ部分は指先でなでながら恥垢を落とすイメージで。軽めの亀頭責めみたいなことをしてもいいですね。その場合は尿道に泡が入らないように注意しましょう」

・竿
「ここは手コキと同じ要領で、竿全体を洗えば問題ありません。泡ですべるので、洗いながら責めるのもありですね」

・玉
「ここも匂いの発生源なので、ちゃんと洗いましょう。玉は男性によって形状が違いますが(パンパンに張っていたり、シワシワしていたり)、どの形状でも裏までちゃんと洗いましょう。片玉ずつ手で全体を洗うのがいいかも」

 なお、重度の仮性包茎だったり、真性包茎だったりすると、「パンツを脱いだ時点でキツイ匂いがする」そう。亀頭やカリ部分に恥垢が溜まっている可能性も大きいといいます。

風俗嬢「真性包茎より“重度の仮性包茎”のがしんどい」少しでも被っていたら手術に踏み切ってほしい!?

 そういうチンコに対しては、通常のボディーソープに、殺菌・消臭能力が高い「グリンス」という洗剤を混ぜているそう。この洗剤は、ほとんどの風俗店(シャワーがないピンサロなどは除く)に常備されていて、風俗嬢にとっては必需品。「どんな匂いも解消してくれる」そう。グリンスはインターネットでも購入できます。

 チンコの洗い方は、素人女性が無理に身につける必要はないと思います。セックス前、性器をキレイに洗うことは基本的なマナーですから。しかし、シャワーを浴びずにセックスを始めようとする彼を制する時などに使えそうですね。

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

【丸石製薬】グリンス 300ml