インタビュー

「男としてのプライドはない」 ホスト並(?)のヒモテクを持つ男子大学生が、メンヘラ女性からお金を巻き上げた手口

【この記事のキーワード】
「男としてのプライドはない」 ホスト並(?)のヒモテクを持つ男子大学生が、メンヘラ女性からお金を巻き上げた手口の画像1

Photo by PRO401(K) 2012 from Flickr

 中には「面倒をみたい」女性もいると思いますが、ほとんどの女性が「ヒモ男には捕まりたくない」と思っているのではないでしょうか。私は半年前までホストクラブに通って、担当ホストに貢いでいましたが、基本、ヒモ男は“いらない”派です。

 知り合いの大学生・ソータくん(仮名)は、常時ヒモではありませんが、お金に困った時、女性にお金を無心しているそうです。最近も、ガールズバーで知り合った女の子から数万円をもらったと……しかも、彼はあえて“メンヘラ”の女性を選び、お小遣いをゲットしています。彼いわく、「メンヘラのほうがお金をくれる」そうなのですが……トラブルの火種になりそうな予感しかしません。

 類は友を呼ぶなのか、ソータくんの友人であるカナタくん(仮名)も、女性に貢いでもらっていた期間があったとか。その女性もまた、彼らに“メンヘラ”扱いされています。

 彼らがどのようにして、“メンヘラ”な女性からお金をもらっていたのか、私たち女性がその手口にハマらないよう警戒するためにも、根掘り葉掘り聞いてみることにしました。

【登場人物】
ソータくん/20歳の大学生。見た目の印象は「腹黒な福士蒼汰くん」。たまに「飯オゴって~」という旨のLINEが来る。真面目に見えるけど、中身はクズ(真面目系クズ)なヤリチン。
カナタくん/20歳の大学生(Aくんと大学は別)。見た目の印象は「かなり頼りがない本郷奏多」。取材当時、金欠でスマホが止まっていて待ち合わせが面倒だった。草食系(に見える)ヤリチン。

既婚女性から毎月5万円もらっていた

 2人は「メンヘラな女性からお金をもらっていた」ことは共通していますが、カナタくんは「流動的」に、ソータくんは「自発的」にお金をもらっていました。世の中にはモテ度と問わず「男だから、お金を出さないと」というプライドを持っている男性もいますが、2人にはまったくありません。

――カナタくんは、どこで知り合った女性からお金をもらっていたの?

カナタ バイト先の店長さんですね。年齢は僕より年上の25歳。最初はお金をもらおうだなんて、まったく考えていなかったですよ。

ソータ でも、その当時、別に付き合っていた彼女がいたよね。

カナタ しかも店長さんは結婚しているしね。でも好きになっちゃった。

1 2 3 4 5 6

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

ネットでいうメンヘラとはなにか?精神疾患治療のプロである臨床心理士が解説するメンヘラの特徴、関わり方、治療法。10分で読めるシリーズ