連載

TWICEに続け!? 韓国でアイドルを目指す日本人女子がどう見ても騙されている

【この記事のキーワード】
Seoul135

「夢」の搾取。Photo by Konrad Karlsson from Flickr

 TWICEのミナ、サナ、モモや、JBJのケンタなど、最近はK-POPアイドルグループのなかに、日本人メンバーがいることもめずらしくなくなった。その影響でK-POPデビューを夢見る日本人も増えてきた。

 今回登場するチアキさん(20歳)も、アイドルになるため昨年の春からソウルで暮らしはじめたひとり。

「日本でオーディションを受けて、韓国の事務所を紹介してもらいました。語学学校に通いながら、ダンスやボーカルレッスンを受けることになっていましたけど、その韓国の事務所と突然連絡が取れなくなって……結局ただの語学留学になりました。あはは」

 えっ?それって詐欺事件?

「そういうことになるんですかね(笑)。最初にレッスン料や登録料とかいわれて、けっこうな金額を支払わされました。金額は内緒ですけど、けっこうな大金(笑)。いま住んでるワンルームの家賃も、契約は自分でするけど、あとからお金を払ってもらえるという話だったんですけど。すべてなくなりました。あはは」

 詐欺被害に遭ったわりには、ずいぶんと陽気だな~。大金を失ったこの状況に、もう笑うしかないって感じ?

芸能事務所社長が彼氏!

「最初はもちろん本気で落ち込みましたよ~。でも、いまは別の事務所と契約したのでぜんぜん平気です」

 そう、チアキさんは今年、韓国でデビューをすることが決まっているというのだ。ただ彼女の話を聞いていると、少々心配になってくるのは私だけ?

 現在の事務所の社長とは、ホンデ(弘大、ソウルの学生街)のクラブで仲よくなったDJの紹介で知り合ったというチアキさん。社長は、29歳で昔は芸能人をやっていたらしい韓国人男性。芸能界の仕事は1年ぐらいでやめて、それ以降はレストランやスポーツジムに投資して儲け、今回新たに芸能事務所を作ることになった、という人物だ。

「社長というか、実は私の彼氏なんです。車はベンツで、クラブではいつもVIP席、芸能人の友だちもたくさんいるみたいで、私のことをいろんなイベントに連れてってくれたんです。私が『韓国でアイドルになりたい』と夢を話したら、『俺がデビューさせてやる!』っていってくれて、芸能事務所まで作ってくれたんですよ(ハート)」

1 2

【Amazon.co.jp限定】Candy Pop(初回限定盤A)(B3ポスター付き)