ライフ

風俗は「怖いところ」じゃないよ! 初風俗に挑む男性にしているアドバイス

【この記事のキーワード】
風俗は「怖いところ」じゃないよ! 初風俗に挑む男性にしているアドバイスの画像1

Photo by Japanexperterna.se from Flickr

 以前、風俗情報誌の編集をしていた私は、その経歴を知る男性知人から「初風俗に行ってみたいんだけど、勝手がわからなくて……」という相談LINEがたま~に来ます。先日も「困ってる。助けてください」とのLINEが。元風俗誌編集でも、実際接客されたことはないので、「風俗通いしている友達に聞けよ……」と毎回思うのですが、若い世代の男の子だとそこまで風俗に行っている友人もいないそうです(ホントかな?)。

どういう「欲望」を満たしたいの?

 「風俗行きたいけど、よくわからない」という漠然としすぎた相談については、まず「どういう欲望を満たしたいのか」を聞いています。ただ単にスッキリしたいのであればピンサロでもいいと思います。でもセックスに近い行為をしたいなら、ヘルス・デリヘルを選んだほうがいいし、本当に最後までヤリたいのならソープを選ばないといけませんし。

 ピンサロは池袋や五反田、ヘルス(店舗型)は渋谷・道玄坂や新宿・歌舞伎町、ソープなら吉原や川崎、という風に地域ごとに盛り上がっている業種も違うので、目的に応じて行く地域を決めてくれって感じです……。風俗店って本当に多種多様で、店によって打ち出しているコンセプトが全然違うんですよね。驚くことに、都内には「生理フェチ」専門店が存在するほどです。

 あとは「どういう女の子が出てくるか」という質問をよくされますが、これはもう正直「運」としか言いようがありません。プロフィールに書かれている年齢、スリーサイズは風俗嬢によれば「結構適当」らしいので、本当に目安程度のもの。パネルも十中八九“修正”を入れています。自分の審美眼で見極めて……!

ウエスト60cm以上は「デブ」扱いされるからみんなサバを読む。嘘しかない風俗嬢のプロフィール
風俗嬢のプロフィールに隠された本音とは? 「仕事をしやすくするための嘘」

 先日相談してきた友人男子は、それで「どんな子出てくるかわからないし、怖い……」と尻込みしていたので、都内にある、マジックミラー越しに女の子を見て指名ができるという店を紹介しておきました(風俗店も本当、いろんな工夫をしていますよね)。

「童貞のお客さんは緊張で勃たないことも」

 現役ソープ嬢のりりあさん(23歳/仮名)いわく、風俗初心者のお客さんは「ちょいちょい来る」そうです。自称「友達に無理やり連れて来られた」お客さんもいるそうですが、自発的にやってくるお客さんも結構いるそうです。

「この間も風俗初心者っていう若い男性が来ました。初風俗がソープって人は結構レアだったかも。風俗はキャバクラの延長線上と勘違いしているのか、連絡先を教えて攻撃がスゴかったけど、最後は純粋に風俗を楽しんでいましたよ。あと、たまに童貞&初風俗のお客さんもやってきます。でも、経験がない人の場合、緊張で勃たなかったり、挿入でのイキ方がわからなくて、最後まで射精できない、というパターンがあったりします。全然大丈夫な人もいるんですが、もしそうなってしまった場合、フェラや手コキなどで気持ちよくなれるように私も頑張りますね。初風俗が残念な思い出で終わってほしくないですし」

 初めてだと緊張しまくるかもしれませんが、接客する側にとっては「初風俗マンのお相手は、よくあること」。元風俗誌編集に相談するくらいなら、とっととネサフして店決めて行け! って感じです。なお、りりあさんによれば「歌舞伎町などにいる風俗キャッチは、ほぼボッタクリ店」。実際、被害に遭ったお客さんもいるそうです。「だから絶対ついていかないで!」と注意喚起していました。

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_

風俗1年生の教科書