恋愛・セックス

フェラチオは前戯だけじゃない? テクニックいらずで余韻を楽しむ

【この記事のキーワード】
Photo by  Brandon Baunach from Flickr

Photo by  Brandon Baunach from Flickr

 “お掃除フェラ”って、したことはありますか? そういえば「フェラチオ」に関してはいくつもお伝えしているのに「お掃除フェラ」については触れていなかったなぁ~と思いましたので、今回は「まだやったことはないけど、試してみたい!」と興味のある方に“もうひとつのフェラチオ”についてお伝えしたいと思います!

お掃除フェラとは

 女性が男性に行う前戯でお馴染みなのが「フェラチオ」ですが、「お掃除フェラ」は男性が射精した後(コンドームを外したあと)に、ペニスを舐めて出し切れていない精液をお口で拭き取って綺麗にするフェラチオのことです。

「くすぐったい感じが気持ちいい」という快感や、「精液にまみれたペニスを舐めてくれるなんて」と精神的な快感を得るため、お掃除フェラが好きな男性もいれば、苦手な方もいます。たとえば、女性がクンニでイッたあとに敏感なクリトリスへの刺激を続けられると痛く感じる方がいるのと同じく、射精後のペニスは敏感なので「あまり触らないでほしい」と感じる場合もあるので、まずは亀頭にチュッとして反応を見てから行うようにしましょう。

 前戯のフェラチオでは、頬や唇に少し力を入れて含んだリ、上下に動かしたりすることが多いかと思います。勃起している状態なら多少の強い刺激でも問題ありませんが、射精後のペニスのようにフニャッとした状態で強い刺激を受けると痛みを与えてしまうんです。“刺激を与える”行為ではなく、“優しく拭き取る”行為なので、唇や舌など口全体の力を抜くようにしましょう。これを前提に「お掃除フェラ」のやり方をご紹介していきます!

お掃除フェラはテクニックいらず

◆亀頭に吸いつく

 射精後のペニスの尿道には、出し切れていない精液が残っていることが多いです。まずは、唇の裏の粘膜で亀頭(先っぽ)を覆うようにして、この精液を吸い取るイメージで優しく吸いつきます。「そんなに?」というほどヒャッヒャとくすぐったがる男性もいますので、反応を見ながらもっと力を抜いてみたり亀頭に触れる範囲を小さくしてみたりと探っていきましょう。

◆舌の表面で竿を舐め上げる

 亀頭の吸いつきでは、吸い取れなかった精液がまだ尿道の向こう側に残っていることもあります。これを尿道へ送り出すイメージで、ペニス全体を口の中に含み、竿の裏側を舌の表面(全体)で亀頭に向けて優しくゆっくり(ねっとり)と丁寧に舐め上げましょう。

 この段階で、相手がくすぐったさに慣れてきているようなら、竿全体やペニスの付け根までなめてキレイにしてみましょう。くれぐれも舌に力を入れたり、舌先で舐めないように要注意! 全て力を抜いた舌の表面で行うことマストです! そうなんです、舌の表面で優しく舐めるだけなので、舌や唇を駆使して行う前戯のフェラのようなテクニックはいらないんです!

※当たり前ですが、舐めとった精液は飲む必要はありません!

 お掃除フェラによって、またムクムク~っと相手のペニスが元気になってくることもありますので、「彼はイッたけど、まだ私は物足りない」という時にも一度試していただければと思います。

 ただ、精液や愛液がまとわりついたペニスを舐めることに抵抗がある方もいるでしょうし、無理にやる行為ではありません。AVでは「お掃除フェラ」のシーンが多く、同じようにやってほしいと願う男性も多いようですが、従わなくていいし、自分には選ぶ権利があることを知っておいてください。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

er-ビッチ先生が教える 一緒に気持ちよくなれるセックス講座 (eロマンス新書)