ゴシップ

KABA.ちゃんが美容整形を繰り返す理由 「なりたい顔」に近づく整形に終わりはあるのか

【この記事のキーワード】

 タレントのKABA.ちゃん(48)の“顔の変化”が話題だ。KABA.ちゃんは、以前から美容整形に着手していることを公言しているが、2月6日放送の『うちのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で見せた姿に「整形やりすぎ」という声が上がっている。鼻の形の変化や唇が妙に膨らんでいることを指摘する声が多い。そもそもKABA.ちゃん自身は美容整形したことは隠しておらず、これまでにまぶたを一重から二重にし、顎や頬骨を削る美容手術などを行なったと明かしている。

 KABA.ちゃんは、2016年にタイで声帯を含む性別適合手術を受け、その後、戸籍上の性別も女性になったが、その当時、男性から女性になるためにかかった費用は「上から下まで全部含めたら、1000万円の大台は乗っています」と告白している。KABA.ちゃんいわく「陰のう陰茎皮膚移植手術」が100万円、ボイスチェンジの手術が30万円で、一番費用がかかったのは「頬骨の手術」だったそうだ。約1000万円の内訳は、ほぼ美容整形が占めていると見られる。

KABA.ちゃんが美容整形を繰り返す理由 「なりたい顔」に近づく整形に終わりはあるのかの画像2

美の追求は凄まじく、昨年10月にも湘南美容外科で美肌やリフトアップ効果が望める施術を受けている。/KABA.ちゃんInstagramより。

1 2

半分少女 僕とアタシ―KABA.ちゃんフォト&エッセイ集