恋愛・セックス

正常位セックスのバリエーションを増やせば新たな快感に出会える!

【この記事のキーワード】
Photo by Peter Pham from Flickr

Photo by Peter Pham from Flickr

 密着体位で相手の体温を大いに感じることができる「正常位」。女性にとって“好きな体位”で上位に挙げられることが多く、人気の体位ですよね~。しかし、ガールズトークでもよく聞きますよ「正常位が好きだけど、いつもワンパターンで飽きた」という女性の声を! では伺います。セックスで受け身体勢になっていませんか? 仰向け体勢の正常位で受ける前戯や挿入まで男性に任せっぱなしにしている女性……少なくないはずです。

 ワンパターンで行っていた「正常位」も、挿入までの愛撫や挿入してからも自らバリエーションを増やしてみれば、新鮮かつ新たな快感を得ることができるかもしれません。ということで! 今回はワンパターンになりがちな「正常位」がもっと気持ちよくなる方法をご紹介します!

挿入は時間をかけるように導く!

 「膣も濡れてきたし、いざ挿入~!」とズズズっとさっそく奥まで挿入する男性も少なくないと思います。まずは女性主導で、“浅い部分”の刺激をしてみてください。“浅い部分”と聞くと、膣口から3cmほどの場所にあると言われている「Gスポット」を思い浮かべますか? ノンノン、膣口愛撫です! 個人差はありますが、カリで膣口を刺激(摩擦)するような浅めのピストンは気持ちいいですよ~!

スルーしがちな性感帯「膣口」、セックスでもオナニーでも愛撫と浅めピストンがオススメ!

 そのために、挿入時も相手のペースに任せるのではなく、片手を伸ばしてでペニスを軽く持つようにしてみてください。まずは亀頭で膣口を上下になぞることからスタート! 続いて挿入する際も、自分のタイミングで導きながらカリ挿入したくらいでストップ! 「ここが気持ちいい」と伝えて軽くピストン運動をしてもらいましょう(気持ちよさを感じたら相手に伝えること、これ大事)!

 何回か繰り返し感度が高まる中、深くまで挿入することでより一層大きな快感を得られるはずです。ゆっくりと奥まで挿入した後は、ペニスを膣に馴染ませるように動かないこと! たっぷりと一体感を感じましょう。

セックスでスムーズに挿入するための注意点は?「挿入直後は動かない」がコツ

ピストン運動は女性もすること!

 さて、ゆっくりじっくりと挿入を感じたら、ピストン運動をはじめるわけですが、ピストン運動は男性が頑張るもの……ではありませんよ! 挿入してから相手の腰の動きに合わせて、女性も動くようにしてください。奥まで押し込まれている時は腰を浮かせて、ペニスが引き出される時に腰を下ろす! この動きだけで快感は大きく変わります。この腰の上下運動はそれほど難しいものではないので、ひとりベッドの上でトレーニングもかねて行ってみてください!

 男性に任せてしまうと、ズンズン激しいピストンをされてしまうことも多いですが、しっかり抱き合って女性側が理想的な速さに腰を動かすことで、相手のスピードを調整できるという点でも腰を動かすことを推奨します!

>セックス体位別、深く感じる女性の腰使い4選! 上下・前後・グラインド

両脚を閉じて、締めつけ感アップ!

 ピストンの動きも慣れてきたら、男女ともに気持ちいい“締め付け”を感じる体位へと変更してみましょう。M字開脚にしていた女性は足を閉じて伸ばす“足ピン”の体勢、男性は女性の両脚の外側に跨るようにチェンジ!

 この体位は、男性はペニスに強い締め付けを与え、女性は膣の刺激と同時にペニスの根元がクリトリスに当たり、ダブル刺激を感じることができるんです。オナニーの際、足をピーンと伸ばしギュっと力を入れている“足ピン”スタイルでイッている女性にはもってこいの体位です!

足ピンオナニー常習者に最適なセックス体位は、正常位で足ピン「締め小股」でキマリ!

片脚開脚で深い挿入感を!

 締めつけやクリへの刺激でさらに感度が高まってきたら、より深い挿入感を得られる体勢にしていきましょう。仰向けのまま、片脚を大きく開いて相手の肩に乗せてみましょう(または持ち上げた片脚を持ってもらう)。

 この体位は、ポルチオまで刺激することができると言われている「松葉くずし」です! ポルチオ開発にも適した体位ですが、ポルチオの刺激に慣れていない女性は、痛みを感じることもあります。そのため、今までの正常位よりもやさしくゆっくりを心がけたピストンにしてもらいましょう。どちらかというと、ピストンというよりも押すように圧迫することがベストです。

ポルチオまで届く体位「松葉くずし」! 中イキポイントは「角度」

前戯から後戯までセックスです!

 セックスの終わりには、前のめりになった男性に抱きついたりキスをしてセックスの余韻「後戯」を満喫しましょう。快感や癒しを与える「セックス」はふたりでする行為。しんどさを感じない体勢や足の開き具合、挿入の深さやピストンの速さなど、お互いに「感じるポイント」を話し合い、探り合うべきだと思います。

 セックス中の「気持ちいい」「もっと〇〇してほしい」と同様、後戯においても「気持ちよかった」という言葉や何気ない会話まで含め、セックスです。伝え合うことは本当に大切なことだと、私は思います。

セックス後の「賢者タイム」を振り切って余韻に浸る「後戯」の楽しみ

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

SKYN コンドーム 10個入