恋愛・セックス

「前戯なしで子宮に挿入」「リスクは高いが幻の領域」…ウテルスセックスの体験談がおそろしい!!

【この記事のキーワード】
Photo by Hey Paul Studios from Flickr

Photo by Hey Paul Studios from Flickr

 数年前にネットなどで話題になった「ウテルスセックス」って、ご存知ですか? 「ウテルス」は「子宮」のことなので、その名の通り「子宮にペニスを挿入する」という行為のことだと言われています。もはや都市伝説なのですが、現在もなお「ウテルスセックスをやってみたい」「ウテルスセックスは最高にイケるって本当ですか?」などネットに書き込む、好奇心旺盛な男女はいるようです。

 「ウテルスセックスの体験談」なるものを紹介している人がいるから信じてしまうのかもしれませんが、調べてみると「子宮の奥に挿入する行為。この快感を味わうと普通のセックスでは満足できなくなるほどの“幻”の領域」的に紹介している方までいました……。

 最初に結論から言わせていただきます。「子宮に挿入」なんて、物理的に無理(不可能)な話ですよ!

 専門家は笑ってしまうようなデマですが、「ウテルスセックス」なるものが存在すると思っている方は、これからお伝えすることで勘違いだと認識していただければと思います。

「子宮にペニスを挿入」が無理なワケ

 そもそも論になりますが、子宮の入り口「子宮口」は、普段は閉じている状態ですが、生理前になると柔らかさが増して、(わずかに)開く場所でもあります。精液が入り受精する役割もあります。

 セックス時にペニスを挿入した際、子宮はペニスの上部に位置しているはずなんです。ペニスが物理的に不可能な曲がり方をしない限り子宮に届くことは不可能。「でも、快感を得ることで子宮が下がってくると言われてない?」と思う方もいるでしょう。その現象は否定しませんが、子宮口は専門の器具がなければ開くことができないほど硬い部分であり、出産時でもほんの数㎝しか開かないと言われている場所なんです。この部分にペニスを挿入して奥まで挿入するなんてことは不可能なんです(やろうと思っても激痛で挿入なんて出来ません)!

 にも関わらず「ウテルスセックス」の経験談を語っている方の中には、挿入方法を説明している方もいました。「通常の子宮は閉じている上に、快感や興奮を得ることでもっとキューッと閉まってしまうので、前戯なしで挿入すること!」と……。挿入するためには、十分な前戯で膣が濡れていることが絶対条件なのに、硬く激痛を伴う場所に膣内は乾いたままで挿入しろと? なんでしょう、怒りすら覚えますね。それにしても、なぜ「ウテルスセックス」というものが広まり、信じる人がいるのか気になります。

二次元で生まれ、AVの演出で勘違いしている人たち

 そのワケは、二次元(漫画やアニメ)の影響が大きいのではないかと考えられています。

 エロ漫画では“膣内断面図”では“子宮の奥”までペニスが挿入されているような描写や「子宮の奥まで突かれてる~!」なんて言葉も登場しています。また、これが話題になったことでAVでは「ウテルスセックス」をテーマにした作品も販売されています。これにより「実際に女優さんも子宮に挿入されて感じるんだ!」と勘違いしてしまった方もいるのかもしれません。……エロ漫画やAVはファンタジーだ、と訴えていても鵜呑みにしてしまう方は減らないのでしょうか……。

エロ漫画に見られる“子宮透視図(膣内断面図)”は、あのダヴィンチも描いていた!

「ポルチオ性感」と勘違いしている人、多し

 「ウテルスセックス経験者」について調べていると感じたことがあります。「それは、ポルチオを刺激されているんじゃないの?」と。というのも、「子宮の奥に当たるとコリコリする」という感想が多く見られました。これは子宮の中ではなくポルチオ(子宮頚部)に当たっている可能性が大きいです。“膣の奥”に当たっている感覚を直接当たることのない“子宮の奥”と勘違いしているのかもしれません。

 ちなみに、個人的にはポルチオの刺激は最高の快感なので、お試しいただきたい! ただ、子宮近くの刺激はとてもデリケートな部分なので、まだ開発されていていないうちに、激しく突くという行為はしないようにしてください(濡れていないのに挿入、なんてもってのほか)!

ポルチオ刺激で中イキの最高潮!? 深い快感を知る

 さらにもうひとつ「ピタッとハマった感じ」という意見もありましたが、これに関しては、ポルチオと背中側の膣壁の間のあたりにある「後膣円蓋(こうちつえんがい」が勘違いさせている可能性があります。

この部分が「後膣円蓋」!

この部分が「後膣円蓋」!

 快感を得るとポルチオが膣口へ下りてくることがありますが、これにより「後膣円蓋」付近に深いくぼみができると言われています。このくぼみにペニスが入り込むことによって「ハマった」という感覚になっているものと思われます。 この「コリコリ」と「ハマる」感覚を経験したことで「ウテルスセックスって本当にあるんだ!」と実在するものとして紹介しているのかもしれません。

 とにかく「ウテルスセックス」はあり得ない行為であることはわかっていただけたでしょうか。間違った、危険な情報を鵜呑みにするのではなく、自分のカラダのため、気持ちいいセックスのためにも、友人が言っていた、彼にお願いされたから……と実践するのではなく、正しい知識を調べるようにしてくださいね。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

スケベなエロ都市伝説を追え!(パパラッチシリーズ171) パパラッチ編集部シリーズ