恋愛・セックス

手マンのコツはソフトタッチ!指先の強さは変えずにスピードに変化をつけること

【この記事のキーワード】
Photo by Johan Larsson from Flickr

Photo by Johan Larsson from Flickr

 「気持ちいい愛撫」ってどれくらいの力でどんな風にされることでしょうか。こればかりは個人差がありますが、私の場合、相手の肌を触る(撫でる)とき、乳首やフェラをする際「自分が愛撫されて気持ちいい力加減」で行うようにしています。

 しかし、自分自身が感じる皮膚の感覚は敏感なので「触れるか触れないか」くらいでも十分に感じているにも関らず、相手に愛撫する際は「弱すぎて何も感じない」は避けたいと思うゆえに、指や舌に力が入ってしまっているのかもしれません。その結果、女性は「彼の手マンが痛い。クンニはもっと優しくしてほしい」、男性は「彼女の手コキが痛い。フェラでの舌遣いや吸引力が強すぎる」なんて声が挙がるのかもしれませんね。

 以前からセックス中(特に前戯)の愛撫は“ソフトタッチであるべし!”とお伝えしていますが……、先日、友人が彼とのセックスで悩んでいました。「最初は指で優しく触ってくれているけど、興奮してくると力が入って痛い」と。

 ゆっくり丁寧な前戯と愛撫で膣が濡れた状態とはいえ、膣内の「Gスポット」の位置を探り当てた途端に力強い刺激になったり、勃起したクリトリスをグリグリいじられるのは痛いですよね……。せっかく優しくスタートしたのに、結果“痛い手マン”になってしまっていたのはなぜなんでしょうか。

※指を膣に挿入してGスポットを刺激すること、挿入に限らずクリトリスの愛撫も含め「手マン」と呼ばせていただきます。

強さよりも動かしかた

 ほかにも男性向けのセックスハウツーなんかを見てみると「濡れるまではじっくり丁寧に」「濡れてきたら激しく……」という説明って意外と多いんですよね。AVでも徐々に激しさを増す演出が描かれることも多いため、「最初はソフトタッチから。そして徐々に激しく」と言われてもどの程度、なにを激しくすればいいのか悩みどころ。

 実体験で感じたことと、女性の友人に聞いたところ……<指の力加減は変えずに、スピードだけ変えてほしい!>という結果に至りました。

 Gスポットもクリトリスも、触れるか触れないか程度の優しいタッチから、少しずつ指の腹(触れている部分)の面積を広げていき、女性が感じる力加減を探ります。感じている姿を見ると「もっと感じて欲しい!」という思いからグッと力が入って押し付けるようにしてしまう方も多いですが、ここは我慢して女性が感じた時の力加減をキープ! ソフトタッチのままでも指の速さを変えるだけで大きな快感へと変わるんです。

※クンニのときは、柔らかい舌を押し付けても痛みになることは少ないですが、舌先を固くして激しいクンニに変えると痛みを感じることもあります。

 たとえば、Gスポットへの刺激は「中指をGスポットにクイッと押し込むように」という指のテクニックが紹介されていることが多いと思います。無意識に第二関節あたりからグイッと曲げている方……いますよね。実際は、中指の根元をクイッと上げる程度でOK! 「それじゃ力が入らないよ~」くらいいんです。そして、Gスポットだと思われる付近をこすったり円を描くような動き(スピード)に変化をつければ違う刺激を与える(感じる)ことができます。

優しいタッチのまま、指の使い方にもバリエーションを

 さらに、速さの緩急だけでは物足りないという方は、指の動きも追加してみてください! クリトリスや乳首では「つまむ」「挟む」という愛撫方法もありますが、これも指先に力を入れた状態だと痛いときがあります。 ソフトタッチでも、十分に濡らした状態で行うと十分に気持ちいいですよ~。

乳首で楽しむオナニー「チクニー」撫でて転がしてつまんでワイパー!

 前戯を受ける側は、一度痛みを感じてしまうとリラックス状態から緊張状態になって(集中力が途切れて)しまいます。舌や指での愛撫は「感じまくる!」という愛撫ではなく「焦らしながらリラックスする行為」として、最初から最後までソフトタッチで楽しむようにしましょう。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

サガミ オリジナル潤滑ゼリー 60g