連載

紗倉まなが大パニック! AV撮影中に起きた衝撃珍事件で「気絶しそうになった…」

【この記事のキーワード】
3月23日はハピバ☆

3月23日はハピバ☆

 人間、生きていれば過ちを繰り返すものです。泥酔して家の中をホタルイカまみれにしたり、あり余る性欲を抑えきれずに女性用風俗を呼んでみたものの、待っている間に爆睡してしまって、鬼電に気付き震えあがる朝を迎えたり――誰かに迷惑や心配をかけては反省し「ちゃんとした大人にならねば」と武士のように襟を正してみては、またどこかで失敗を繰り返すのです……。

 中でも私の頭を悩ますのはセックスでの失敗。私はプライベートでのセックスがだいぶ枯渇しているため、ほとんどがAV撮影内での珍事件になってしまうのですが、プロの男優さん相手でも「プチ失敗」みたいなものが起こります。

 例えば、乱交ものの撮影時。ソファに手を据えて、バッグの態勢で挿入を待っていると、入り乱れている現場内で慌てた男優さんが、まさかの“穴間違い”。あてがわれたイチモツがお尻の割れ目あたりを刺激し、「ん、なんかちょっと位置がずれているような……」と思った数秒後、アスタリスクへの侵入をわずかに感じ取って「あ……あ……ストーーーーっプ!!!」となってしまったのです。男優さんはものすごい勢いで身体を離し、必死に謝ってくださっていたのですが、これ、もう少しぼんやりしていたら、穴間違いに気づかずにアスタリスクバージンを奪われてしまっていたのかもしれない……!! さすが戦場です。

 でも、失敗体験の中ではかわいい話なのです。一番強烈に記憶に残っているのが、『平均年齢70.3歳以上の性交』という作品を撮った時のこと。確か4年ほど前の作品で、オムニバス作品の1シーンに収録されているので検索してもすぐには出てこないのですが、これが、またいろいろとすごかった。

1 2 3

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

常盤薬品工業 眠眠打破 50ml×10本