ライフ

辞めるタイミングがわからない。お金に困っていないのに風俗で働いていいの?

【この記事のキーワード】
辞めるタイミングがわからない。お金に困っていないのに風俗で働いていいの?の画像1

(※本文と画像は関係ありません)Photo by yamauchi from Flickr

 一度、風俗業界に足を踏み入れると、なかなか抜け出せないのかもしれません。

 昔、私をホストクラブに誘ってくれたお姉さん(30代前半)は、風俗嬢歴が10年を越えようとしています。何度か昼のお仕事をしたこともあったみたいですが、なかなか続かなかったと――。すぐ体調を崩してしまうから、自由出勤の風俗じゃないと働けないとも話していました。彼女は「風俗しかない」と割り切って、今も風俗のお仕事を続けています。

 一方で、現役ソープ嬢のA子さん(25歳)は昼職にも就いていて、「特に目標もないし、年齢のことを考えてそろそろ辞めたいけど、辞める理由もなくて辞められない」と悩んでいるそう。

お金に困っていないけど、“週末風俗嬢”状態

 A子さんは21歳の時に風俗嬢になりました。当時は単純に「お金がないから」との理由で働きはじめましたが、風俗のお仕事をするようになってからは、サラリーマン並に稼げるようになったので、お金に困ることはなくなりました。

「風俗は『短い時間で高収入を得られる』仕事。それなりに真面目に働いていれば、週3~4日出勤、月で言えば15日ぐらいの出勤でサラリーマンの平均月収を軽く超えられます。しかも、自由出勤だから、自分の都合で休むことができる。だから風俗の仕事をはじめて2~3年は、風俗嬢のままでいいや~って思っていたんです」

 しかし、同級生が大学を卒業し就職をしはじめ、中には結婚・出産をする同級生まで現れはじめると、A子さんの中に「このままじゃマズイかも」という気持ちが芽生えはじめたそうです。

「Facebookとかに同級生の結婚・出産の投稿が増えはじめて、このまま風俗嬢でいいのかなって思いはじめて。風俗歴が4年目を超えた時、昼のお仕事をはじめたんです。だから風俗は辞めようと思ったんですけど、店のスタッフに『週末だけ出ればいいじゃん』って言われて。それもそうだなって思って、今は“週末風俗嬢”状態。もちろん、昼の職場にバレたらマズイけど……」

“週末風俗嬢”状態を1年続けているA子さん。しかし、昨年に25歳になってから「20代後半に差し掛かろうとしているのに、まだ風俗の仕事をしていていいのか、お金には特に困っていないのに風俗をする意味はあるのか」とモヤモヤすることが増えたそう。

「特に理由もなく身体を売っててもいいのかなって。あと店で出している年齢と実年齢がどんどんかけ離れているんですよね。風俗嬢は年をとらないから(笑)。それがなんだか申し訳なくて。でも、1回の出勤で数万円が手に入ってしまうから、辞められない。いつかは辞めたいけど、どういうキッカケで辞めればいいのかなって。よくよく考えれば、すぐ辞められる仕事なんですけど」

 前にも、ホストに貢ぐという目的がなくなって風俗への仕事のモチベーションが下がっている女性の話をしましたが、その女性と同様、風俗で働くときには「働く目的」、そして「目標額」がないと、迷いが生じはじめるのかもしれません。

 年齢については、風俗には熟女系の店もあるので、そこまで気にする必要はない気がしますが……。自分の中で、改めて風俗で働く理由を見つけるか、ないしは辞める理由を見つけられるといいですね。

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。元風俗雑誌編集で元ホス狂い。

twitter:@kaaagome_

このマンガがすごい! comics 元風俗嬢が金持ち妻になりました (このマンガがすごい!Comics)