ゴシップ

妊娠中絶騒動オリラジ藤森のしらじらしい「一途発言」と田中みな実の真意

【この記事のキーワード】
fujimoriminami0206

(画像左:田中みな実ブログより/画像右:「藤森慎吾 東京のチャラうぃ↑店」実業之日本社)

 5日、都内で行われた「手作りチョコ推進隊」任命式に出席したオリエンタルラジオの藤森慎吾(30)。そこで藤森は現在交際中であるTBSアナウンサーの田中みな実(27)について「幸せにします!」と話し、事実上の結婚宣言をした。

 報道陣に「バレンタイン入籍は?」と聞かれると、「まだそういうタイミングではないです」と話しながらも「先輩たちの背中を見て……矢部(浩之)さん、大竹(一樹)さんと、それぞれすてきな道を歩んでいる。その時が来たら、ちゃんとお知らせします」と女子アナと結婚した先輩芸人の名を挙げ、田中との結婚に前向きであることを明かした。

 また、同じく女子アナと交際中で二股交際疑惑が報じられたばかりの陣内智則(39)の話題になると「僕は一途ですから」と自身の浮気についてはキッパリと否定した。

 しかし、藤森には一昨年に田中との交際を認めた後、大阪のクラブで知り合ったモデルの女性を妊娠・堕胎させ、この女性に中絶手術費、慰謝料として計350万円を支払ったと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた過去がある。その“前科”を鑑みれば、今回の結婚宣言と一途発言は実にしらじらしい。案の定、ネット上でも

「過去に無責任なことをした男がよく言うな「矢部や大竹たちとは好感度が全く違う」「浮気のイメージしかない」

 と、非難が相次いでいる。

 田中という交際相手がいながらも、他の女性を妊娠・堕胎させていたという衝撃的な事実が明るみになり、その後メディアへの露出が激減した藤森。最近は再びバラエティ番組等で見かけるようになったが、以前のような“チャラ男”キャラは陰をひそめており、芸人として使える“ネタ”が切れてしまったように見える。

 だがプライベートは実際順調な様子で、件の報道後も2人のデート現場は度々目撃されている。浮気のみならず相手女性を妊娠中絶させたとなれば、一般的には破局の原因になりそうなものだが、このことを知ってなお、田中が藤森との交際を続けているのはなぜだろうか。

 田中といえば、いまどき珍奇なほどのぶりっ子キャラを全面に押し出すことで世間の注目を集めてきた。なお、先月には南海キャンディーズの山里亮太(36)が、過去に田中から「結婚してください」「一緒に住みたい」と猛アピールされていたのにも関わらず、最近では挨拶をしても軽く受け流されたとラジオで暴露し、“裏の顔”があることでも話題になったりと、したたかな一面もある。

 そんな彼女だからこそ、なおのこと藤森と交際を続ける理由が読めない。プロ野球選手や実業家などとの結婚が多いことで知られ、華々しいイメージがある女子アナという立場であるのに、自ら黒い過去を持った相手と一緒にいることを選ぶ田中。それほど藤森を愛し“運命の人”と感じているのか、もしくは田中にとって浮気はさほど問題視するようなことではないのか……。現時点では彼女は口を閉ざしているため真意はわからない。

「女子アナではありますが、田中は若手女性タレントの友人が多い。つい先日もmisono、菊地亜美、藤井リナと4人で女子会を開いていた。そのメンツで一体どんな恋愛トークが繰り広げられているのか……案外、『あんな奴やめとけよ』とたしなめられているかもしれませんけどね」(芸能記者)

 余計なお世話だが、記者も同じ女性として「本当に彼でいいの?」と田中に問いかけてみたくなる。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

私だけのチャラ男くん! (フレジェロマンス文庫)