連載

「不倫相手とお互いの気持ちや関係性を確かめたい」という危険な感情

【この記事のキーワード】

 タテジマさんは、彼との不倫関係に酔っているのではないでしょうか。ほろ酔いから泥酔状態になるのも秒読みです! 彼に対する独占欲が芽生えているからこそ、「核心に迫る話をすると重たいと思われて関係が終わってしまうのでは」「自分とは身体だけの関係で、同じような相手が他にもいるのかもしれない」とモヤモヤするのでしょう。

 これはかなり危険な状態ですよ! そのうち、ご主人の存在が疎ましくなったり、彼からの連絡が待ち遠しくて四六時中スマホが手放せなくなったりするでしょう。誰しも、恋に酔っている時は無意識のうちにそんな行動をとってしまうので、家庭にまったく影響を及ぼすことなく不倫関係を楽しむのは難しいと思います。やっぱり人間なので、いくら割り切っているつもりでも、どうしても感情が表に出ちゃいますよ。そしてご主人に怪しまれ、彼との関係がバレ、最悪の場合は離婚問題に発展したり……。

 ご自身がそんなリスクを背負っていることをもう一度よく考えた上で、彼に気持ちを伝えるかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。もし彼と気持ちを確かめ合って両想いだとわかったとしても、「私たちは、お互いに配偶者がいても簡単に不倫ができる人間性の持ち主です」と証明するだけですけどね。

「不倫相手とお互いの気持ちや関係性を確かめたい」という危険な感情の画像2

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

不倫の作法