ゴシップ

恋愛強者・加藤綾子とダルビッシュの「熱愛」に古閑美保はどう反応するのか

【この記事のキーワード】
darukato0212

左:フジテレビ公式HPより/右:『ダルビッシュ有の変化球バイブル』ベースボール・マガジン社

 「カトビッシュ!」――2月12日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で爆笑問題の太田光からそう紹介を受けたのは、フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子(28)。もちろんこのカトビッシュは、先日スクープされた大リーグ、テキサスレンジャーズの投手・ダルビッシュ有(27)と加藤の交際報道を揶揄したジョークだ。太田にイジられた加藤は手を横に振って熱愛を否定するような仕草を見せた。

 交際を報じたのは、10日発刊のスポニチ。記事によると2人が急接近したのは昨オフのことだという。少なくとも港区内の2カ所の飲食店で2人きりでデートを重ね、このうちの一つは「ミシュランガイド東京」で一つ星を獲得している赤坂の高級割烹店だとか。肉嫌いな加藤アナを思いやってか、二人はこの店の個室ですっぽん料理を食べ、時折個室からダルの楽しげな声が漏れ聞こえてくるほど、親密な時間を過ごしたそうだ。

 この報道の翌日、ダルは自身のTwitterで「ないです^^;」と否定。その後所属事務所であるエイベックスも「仲のよい友人と聞いています」と、とりあえず熱愛は否定した。さらにダルは12日に「食事には行きましたがすっぽんは食べてません。事務所の言う通り仲のいい友人ですよ^_^」と再びツイート。なぜかすっぽんでないことを強調するダル。え、そこ重要? とツッコまずにはいられないが……。一方、加藤を擁するフジテレビ側は「社員のプライベートについてはコメントしていません」とお決まりの文句を出したものの、「食事はしていると聞いています」(同局関係者)の声も漏れている。気の早いゴシップ媒体はすぐに「本命か」「大物カップル誕生」と騒いでいるが……。

 加藤といえば、中・高校時代のヤンキー伝説や中学生でホストの彼氏がいたことなどが有名で私生活は派手な印象。過去には西武ライオンズの片岡治大選手や、EXILEのTAKAHIROとの交際報道もあり、お肉嫌いのわりには自身は相当な肉食女子であるイメージだ。しかしダルの恋愛遍歴も加藤に負けてはいない。元妻・紗栄子との離婚後も、元プロゴルファー古閑美保、AV女優の明日花キララと横山美雪、キャスターの山岸舞彩、声優の平野綾、モデルのMALIAなどと浮名を流してきた。

 いわば、彼らは恋愛のプロ中のプロ。たとえ今回の報道通り二人きりでしっぽりとすっぽん料理を食べていたところで、すぐに「本命か?」「結婚か?」などという話には結びつかないのではないだろうか。もし仮にもうセックスまで済ませていたとしても、真剣交際に及んでいるとは考えづらい。ダルは紗栄子との離婚劇を経たことで結婚には当分懲りているだろうし、彼のハイステータスをもってすれば、結婚をちらつかせなくとも寄ってくる女は後を絶たないはずである。そもそも、男女が個室で食事をしていたり、(今回は別だが)セックスを連想させるお泊まりデートをしていたからといって、必ずしも「恋愛」しているワケではないのが現実。まして恋愛強者のダルと加藤ともなれば、なおさらだ。さすがに長く同棲している場合などは、結婚を前提とした真剣交際という可能性もあるが……。

 同棲といえば、ここで忘れてならないのが、ダルとの同棲説があった古閑美保の存在である。現在こそ沈黙を守っているが、気の強そうな彼女がこのまま黙っているわけはない。まあそんな次なる展開にハラハラしつつ期待し、エンタメとして消費してしまうのが大衆の性。一般人には及びもつかないような恋愛強者たちのラブバトルこそが、芸能ゴシップの醍醐味でもあるのだ。
(エリザベス松本)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

男友だちを作ろう