ゴシップ

おのののかが「脱・重い女」宣言! 1晩で電話100回、脅し、手編みマフラー…恐怖の重すぎエピソード

【この記事のキーワード】
おのののかが「脱・重い女」宣言! 1晩で電話100回、脅し、手編みマフラー…恐怖の重すぎエピソードの画像1

おのののかInstagramより

 516日、おのののか(26)が「夢テクノロジー」のイメージキャラクター就任イベントに出席。同社採用サイトのWEB CMに起用されたことにかけ、自身の変えたいところを聞かれると、「好きになると物事もそうですし、人のこととかも付き合ったりすると依存しがちな自分になっちゃったりするので、次にもし付き合う機会があったら、ちゃんと自立して依存しない、重い女を変えたいですね」と回答した。確かにおのののかは、かねてから交際相手に対して“重い女”であることを明かしてきた。

 174月に出席した不動産及び金融サービスを提供する「Casa」の事業戦略発表会では、「彼氏ができたらすぐ一緒に住みたくなっちゃうんですよ」と告白。しかし、「そうすると重たくなって嫌がられるので、そういうのはやめました」と我慢していることを明かした。

 168月放送の『幸せ追求バラエティ 金曜日の聞きたい女たち』(フジテレビ系)に出演した際には、彼氏に対する束縛癖を告白。過去に、束縛することで「重い」と指摘され続けたそうで、数年前にはあらかじめ重いことを伝えた上で、それを快諾した男性と交際したという。

 そして、いざ交際を始めると、まず彼氏にTwitterの女性フォロワーとの関係をひとりずつ説明させた後、すべて解除させたそう。彼氏が出張へ行けば、ホテルの部屋で本当にひとりなのかをテレビ電話で確認し、取引先との食事中には電話をかけ続けたという。電話がつながらないと、1晩で100回も電話をかけ直し続けたそう。

 さらに、彼氏が休日出勤していた時には、会いたかったのでその口実として「彼氏が家に忘れていった重要な書類を公園にばらまいてしまった」と嘘をついて脅したこともあるという。なお、この脅しが決め手となり「もう無理。ウザい。重い。限界。さよなら」と別れを告げられたそうだ。

1 2

毛糸だま 2018年 夏号 vol.178 (Let's knit series)