連載

身体ではなかった!? 男がセックスに求める“精神的な快楽”

【この記事のキーワード】
Photo by Bernie C from Flickr

Photo by Bernie C from Flickr

 こんにちは、「ラブリーポップ」のリンと申します。

 このコラムでは、女性専用のアダルトグッズショップ・ラブリーポップでの日常や、女性の性の動向、最近のセックスのトレンドなどを読者の皆様にお伝えしていきます。

 さて今回のテーマは、AVを見る男性から知る「オトコのロマンス」

 以前のコラムにも書きましたが、4年ほど前にラブリーポップ監修でDVDを制作するために、男性アダルトサイトを通して男性にアンケートを取りました。

男性がAVを見ている時、「女優さん、上手いな」と注目しているシーンは何でしょう?

1位:表情 37
2位:シンプルに技術がうまい 3
3位:その他 2

 男性が、女優さんの腰使いなどのテクニックじゃなくて「表情」に注目しているって意外じゃないですか? エロって、深い、深すぎる。

 このアンケートを取った時に、同時に、男性は女性に「感じる」と言われると嬉しいこともわかりました。

 女性がその男性とのセックスで感じているのか、もしくは嫌々なのか。男性は、彼女の言葉で判断しつつも、「表情」もよく見ているのかもしれません。

 リンもソフトなAVが大好きなんですが、何に一番注目しているかと言うとやっぱり「表情」なんですよね。そして、ラブリーポップスタッフとも「『女優さんの表情』って大事なエロポイントだよね~」とよく話します。女優さんが気持ちよさそうに感じている表情を見て、女のわたしたちもエロいモードになっちゃうんですよね。

 それが男性たちも同じなんだと知った時、「な~るほど!」とリンは思いました。

 このアンケートを見るまで、男性はリアルに感じている女優さんと、感じているフリをしている女優さんの見分けなんて付かないだろうし、ましてや気にもしていないだろうと思っていたわけです。(本当のところ、もちろん女優さん本人しか感じているかどうかなんてわからないんですが……)

 男性が注目して見ているのが「表情」ということは、実際にセックスする時でも、彼女の表情ひとつで男性側の満足度も大きく変わるってことではないでしょうか。自分ひとりが快楽を貪るのではなく、相手をいかに気持ちよくさせてあげられたかが、男性にとって実は重要なのかもしれません。その結果、「相手が気持ちいい=自分も気持ちいい」ってことなんだと思うの。

 だって、自分の気持ちよさだけを追求している自慰行為の最中に見ているであろうAVで、性器のアップとか、性器の結合ではなく「表情」に注目しているんだもの。彼らが自分と彼女とのセックスを想起しながらAVを見ているとしたら、やっぱりイキつくのは、自分の彼女は本当に感じているのだろうか? という不安と、自分の彼女に演技でなくリアルに感じて欲しい=気持ちよくなって欲しいっていう気持ちを、男性たちは抱いてることだよね。

 男性の欲求は肉体のみではないということだと思うんだ。感情が伴うもっとロマンチックな欲求。「自分のセックスで女を気持ちよくさせたい」っていう精神的な欲求=ロマンス。

 男性には「自分のセックスで感じている彼女」という男性なりのロマンチックな欲求があって、女性にはたとえば「自分が作った料理をおいしく食べている彼氏」という女性なりの欲求がある。そこの違いが男女をややこしくしているのかも?

 男性の考えるロマンスと女性の考えるロマンスに違いがあったとしても、その要素が、男女の間には必要なのかもしれないな~、と考えさせられる興味深いアンケート結果でした。

 ■ラブリーポップ http://www.lovelypop.com

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

12種の表情筋を鍛える フェイススリマー おもちゃ&ホビー