連載

「賢者タイムは気合いで無視できる」は本当か? 20代前半男子と試してみた

【この記事のキーワード】

18kin600×220

 こんにちは! 白雪魔夢子です。出会い系サイト【ハッピーメール】を始めて約1年。これまで男性からさまざまなメールをもらいましたが、一番腹立つメッセージが届いたので、ご紹介します。

『おっぱい狙ってますよね? 痴女感すごいっす(笑)』

 Y氏のファーストメールを見た瞬間、白雪のこめかみにうっすらと血管が浮かび上がったような気がしました。なにこいつ、失礼じゃない……?

 たしかにね、白雪は狙ってこの画像(目元は隠しつつ、笑顔。服装は体にぴったりとしたニット)を使っていますよ? この画像を見て、おっぱいにしか目がいかないのもわかる。でもさ、『痴女感すごい』とか言わなくてもよくね? この人、女友達に「そのぴったりしたニットすげーな。おっぱい見てほしいんだろ?痴女感やばいわ~」とか言うタイプなんでしょうか。お前、友達ひとりもいねーだろ!! そして、すぐさま『エロい目でしか女を見れないんですね♡』とイヤミなメッセージを送りました。

 わかっています。わかっているんですよ。カンに障ったメッセージには返信しないのが一番だって。でも、どうしても一言言ってやりたかったんです。このメッセージですべては終わるはずでした。しかし、清々しいほど空気の読めない、いやもはや読もうとすらしていないY氏は、わずか2分で返信してきました。

Y氏『そうだよ! セックスしよ!!

 こうして、白雪とY氏との謎のやりとりは始まり、気づけばご対面していたのでした……。

常に斜め上をいくY

 なぜ、最低なファーストインプレッションで始まったにも関わらず、白雪は彼と会うことにしたのか。それはY氏が『ツッコミどころ満載だったから』。

 彼は都内の大学院生。プロフィールの一言メッセージ欄には『よく本を読みます。休みの日は読書してばかり』と書いてありましたが、後に彼の『読書』とは『R18の本を立ち読みすること』だということが発覚しました。

 ツッコミどころは、プロフィール画像にもありました。新緑の野原で小さな虫を手に持ち、じっと見つめている姿が映し出されていて、『ある晴天の休日、河原で小さな虫を見つけました』なんて感じで、何気なく撮ったかのように見えますが、この写真、よく考えればカメラを撮った人もいるし、よく見ればジャケットを不自然に肩に乗せてかっこつけてるし、『意図的に撮らせた写真』臭がぷんぷんだったんです。それで、なんとか恥をかかせてやろうと思った白雪は「『こんな俺、可愛いでしょ?』って思って撮ったの?」と言ってやりました。その答えがこちら。

Y氏「あ、それね、河原に三脚持って行って、自分で撮ったの! 自撮りに見えないでしょ?」

 清々しい~~~~。それが本当でも嘘でも、ここまで来ると何だか頭がぶっ飛んでて面白いとすら思っちゃったんですよ。しかも、Y氏とエロい話をしていると、こんなことを言うんです。

Y氏「男は一度イっちゃうと賢者タイムが来るでしょ? あの賢者タイムってさ、気を集中すれば無視することが可能なんだって。だから俺、魔夢子さんに会ったら、3回するよ! ぶっ続けで気を集中させるよ!」

『賢者タイム』は気力で無視できる、なんて聞いたことがありませんでしたが、彼のこの言葉に「じゃあ、やってみる?」と白雪は答えてしまいました。面白い人が大好きな白雪。でも、満足のいくセックスに出会う確率は低い白雪。今週は『地雷』となるか否か……。

1 2

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。

AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい