ゴシップ

NGT48荻野由佳は“塩顔美人”でカワイイ!! 「第10回 AKB48世界選抜総選挙」暫定結果に見るモテ顔の変遷

【この記事のキーワード】
荻野由佳 Instagramより

荻野由佳 Instagramより

 5月30日に秋葉原のAKB48劇場で、「第10回 AKB48世界選抜総選挙」の中間開票速報が発表された。暫定1位の座に輝いたのは、NGT48で活躍している荻野由佳(19)。この結果に彼女は「SKEさんに負けないようNGTもどんどん攻めていきたい」「私自身もこのまま1番を狙いたいと思います」と高らかに強気な宣言をした。頼もしい。

 2016年にNGT48の正規メンバーになった荻野由佳だが、同年の「選抜総選挙」では“圏外”とされる95位に終わっている。しかし2017年の総選挙では急浮上し、今回と同じく中間開票速報で1位を獲得。最終的には5位に終わったものの、驚きの大躍進で注目を集めた。今年は指原莉乃(前回1位/25)も渡辺麻友(前回2位/24)もいないのでさらなる飛躍が期待できるかもしれない。

 さて、色白スレンダーかつ超小顔という女子の憧れ要素をかねそなえている荻野由佳だが、典型的なアイドルルックスかというとそうではない。どちらかといえばモード系モデル、今ならば尋常ならぬ存在感を放つモトーラ世理奈にもやや近いタイプだ。

 K-POPアイドルや明日花キララ、AKB系ならば白間美瑠や宮脇咲良などは「派手顔美人」だが、荻野の場合はずばり「塩顔美人」。

 ここで思い出してほしいのが、近年爆発的な人気を集めている“塩顔イケメン”たち。例としては綾野剛(39)や窪田正孝(29)、松田翔太(32)などが挙げられ、目が小さくあっさりとした風貌が特徴的だ。今でこそイケメンの代名詞として捉えられている彼らだが、一昔前まで“Theイケメン”として浸透していた木村拓哉(45)や反町隆史(44)などとは趣きが違い、“雰囲気イケメン”などと言われていた時期も。しかし流行の移り変わりによって、最近では“塩顔”がイケメンの主流になっている。

1 2

日経エンタテインメント! NGT48 Special (日経BPムック)