連載

奥ゆかしい40代前半男性とのサプライズセックス、丁寧な愛撫で挿れてほしくなったのに…!

【この記事のキーワード】
18kin600×220

18禁出会い系実況!

 こんにちは! 白雪魔夢子です。ちょっと前に「『大人の交際に興味はありませんか?』と書いてくるヤツは大体既婚者」と書いた私ですが、『大人の交際』を求めてくる男には、違うパターンもあることが判明しました。

 それは……『自分の顔に自信があるヤツ』!!

 そう、自分の顔に自信があるヤツは、「大人の交際しませんか?(^^)」とだけコメントを打ってくるんです。白雪はわざとウブな少女のふりをして、こうコメントをしてみました。

「何人かの方に言われたことがあるんですが、それって援助交際? のことでしょうか?」

すると、男はこう答えるのです。

「いや、単純にセフレさんを探してるってことですね!」

ファッキュー―――!! ほんと、『大人の交際』野郎はロクなヤツがいねえな!!

 顔が良ければ、「セックスしたい」と言うだけで、当然のように女がついてくると思っているところがキライです。セックスしたいなら努力すべきよ! おもしろいこと言ったり、丁寧な文章打ったり、誠実さを出せい!!

 もはやどっちが上から目線かもはや分かりませんが、私が今回、目に止めたのがこのメールでした。

『私はそれなりに年がいっていますが、気にしますか? それでもよければメッセージのやり取りをさせてほしいです。楽しくメッセージができるだけで嬉しいです(以下、趣味やハマっていることの紹介)』

そうよ! こういうのよ! 私が待っていたのは『ザ・誠実』な男なの!!(恋人や結婚相手を探してるわけじゃないけど!)

 彼の名前はA氏。40代半ばで自称『くまさん』似。写真の掲載はありませんでしたが、メッセージに『web関係の仕事をしているので、顔バレが怖く、写真を載せていません』とありました。

 彼はとにかくマメな人で、白雪が『会ってみませんか?』とメッセージを送ると、15分以内には返事がきました。『本当ですか!? 夢みたいです。でも、僕なんかで……いいのかな。本当に嬉しいんですが』ですって。

 そのコメントを見て、白雪はキュンとしました。『会う』というだけでこんなに嬉しそうにしてくれる。もちろん、彼は『会おう』なんて一言もねだってきませんでしたし、外部アドレスを聞き出そうともしませんでした。なんて奥ゆかしい人なんだろう!! 白雪は彼のリアル笑顔が見たくなってきたのです。

リアルに会ってみたらなんか違う……

 待ち合わせは近所のセブンイレブンの駐車場。A氏は白のアルファードで現れました。A氏は細面の……ひょろ長い男性でした。髪の毛も細く、たよりなげに風に揺れています。名わき役として有名な笹野高史さんにどことなく雰囲気が似ているかも……?

 会えば、きっと喜んでくれるだろうな~と思っていたのですが、いざ白雪が挨拶してみると「はあ……どうも」といまいち嬉しそうでもない反応。でも、A氏に間違いはないようで、A氏は車のエンジンをかけました。

A氏「メッセージで、言ってたけど、ホテルって……?」

白雪「いいですよ!」

A氏「でも……あの、お金ないけど……」

白雪「ホテル代ですか?」

A氏「ホテル代は出すけど……」

白雪「あ。私にですか? いらないですよ~」

A氏「………。一応聞いておくけど、魔夢子さんって18歳以下じゃないよね?」

 普段なら、若く見られると素直に喜んじゃう白雪ですが、A氏は私を褒めるために言ったのではなく、捕まりたくない一心で言ったのがもろ分かりでした。出会い系での年齢確認は大事なことだけど、車内の空気はいまいちで、白雪はなんだかなあ……と思いました。ネットとリアルが違うタイプなのかなあ……。はあ、またハズレ引いちゃったのか、私……。

1 2

白雪魔夢子

大学卒業後、プロニートとして活動。毎日15時間オンラインゲームをして、ギルドマスターまで上り詰める。しかし、三十路を過ぎ、ふと「私。もしかしてやばい奴なんじゃ?」と思い直す。その後、奮起し、出会い系サイトに登録。『どうしてそうなった』という忠告はおやめください。

「美人局(つつもたせ)」の謎(なぞ)、「流石(さすが)」の嘘(うそ) 語源・諸学おもしろ事典