ゴシップ

ZIGGY森重樹一がセクシー!! 衰えないパフォーマンスの秘密はスイーツと自転車?

【この記事のキーワード】
森重樹一 オフィシャルブログより

森重樹一 オフィシャルブログより

 6月27日放送の『テレ東音楽祭2018』(テレビ東京系)に、伝説のロックバンドZIGGYが登場した。番組で披露されたのは、ドラマ『同・級・生』(フジテレビ系)の主題歌に使用されて大ヒットした名曲「GLORIA」。ボーカル・森重樹一(54)を中心に、圧巻のパフォーマンスで視聴者を沸かせた。

 今回のスタジオライブで特に印象的だったのは、54歳・森重樹一の衰えぬパフォーマンスだ。曲の導入から雄たけびを上げて観客を煽り、マイクスタンドを振り回しながら縦横無尽にステージ上を飛び回っていた。肝心な歌唱の部分でもさすがの声量で、全盛期を彷彿させるようなパワフルさ。サビ前のブレイクではサングラスを外し、年を取ってもなお、色っぽい素顔を露にした。セクシーが極まっていた。

 1984年に結成されたZIGGYは、80年代のバンドブームに後押しされる形で徐々に人気を博し、1987年にメジャーデビュー。「GLORIA」の他、「I’M GETTIN’BLUE」、「STAY GOLD」、「ジェラシー」などのヒット曲を連発していった。現在の正式なメンバーは森重樹一ただ1人となっており、楽器隊は全てサポートメンバー。しかし『テレ東音楽祭2018』でのパフォーマンスは、かつてのZIGGYを追っていた世代にとっても納得の出来だったのではないだろうか。

 そんな森重樹一は、最近様々なテレビ番組に姿を現しており、ロックレジェンドとは違った一面を見せるようになった。4月12日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では食生活を告白。全盛期はロックンローラーらしく酒浸りの生活を送っていた森重樹一だが、今は酒やタバコを捨ててスイーツにドハマり。夕食にチョコレートをキメたり、大好きなピーナッツバターを切らして夜中にドン・キホーテに行ったりと、スイーツ浸りな日々を送っているそうだ。

 また80年代にはスポーツカーを乗り回していたのだが、現在の移動手段はもっぱら自転車。約30km離れた場所にも自転車で移動しており、『テレ東音楽祭2018』でも人々を驚かせた強靭な心肺機能を手に入れたという。彼は番組で「3時間やそこらのステージじゃへばんないもん」と語っていた。

 1月には『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK)で、X JAPANのメンバーと大ゲンカした過去エピソードを披露。何故喧嘩になったのかはわからないが、本人は「飲みすぎてたのかな……」と振り返っている。結局YOSHIKI(52)なども巻き込んでの大騒ぎに発展し、乱闘会場のホテルは出入り禁止に。X JAPANのメンバーもそうだが、やはり昔のロックミュージシャンは私生活もぶっ飛んでいて面白い。

 パフォーマンスだけでなく、エピソードトークでも視聴者に強烈な印象を与えている森重樹一。今後も音楽番組だけでなく、バラエティー番組などでも重宝されることだろう。

君の笑顔より美しい花を知らない