ゴシップ

樽美酒研二がハイスペックイケメンすぎる! 美と機能性を兼ね備えた筋肉、37歳とは思えない運動神経

【この記事のキーワード】
樽美酒研二がハイスペックイケメンすぎる! 美と機能性を兼ね備えた筋肉、37歳とは思えない運動神経の画像1

樽美酒研二のInstagram(ketsu.no.kamisama)より

 ゴールデンボンバーの樽美酒研二(37)が、始球式で時速135キロの速球を披露し「素人で130キロ超えるのはすごい」「37歳でこの球速出せるのはえぐい」といった称賛の声が上がっている。

 樽美酒は6月27日に埼玉・メットライフドームで行われた西武-オリックス戦の始球式に登場。1球目を豪快に投げ込むと、時速135キロというプロ並みの球速を記録。5日に巨人-楽天戦(東京ドーム)の始球式に登場したGENERATIONSの関口メンディー(27)が叩き出した133キロ超えを達成した。樽美酒はブログで「やったぁああ新記録だぁあああ!!」と嬉しさを爆発させている。

 樽美酒は野球推薦でスポーツ強豪校に入学するほどの腕前を持っているが、素人がマウンドから130キロ台の球を投げる、というのはそう簡単にできることではない。ジャニーズの中で野球が上手いと評判のKAT-TUNの亀梨和也(32)は、『Going! Sports&News』(日本テレビ系)で140キロの球を投げる企画に2年間挑戦したものの、最終的な記録は115キロ。プロ野球投手から球速を上げるコツなどを教えてもらっていた亀梨だったが、企画は失敗として終了している。

 樽美酒はゴールデンボンバーの中でも筋肉隆々な肉体派で、2012年から『SASUKE』(TBS系)に出場するようになってからは、その筋肉がさらにムキムキに。今回の始球式後には、腹筋を大胆に露出したチアリーダーのコスプレ姿を披露し、美しすぎる腹筋も「セクシー」だと話題を集めている。機能性と美しさを兼ね備えた完璧な筋肉を持っていると証明することとなった。

樽美酒研二がハイスペックイケメンすぎる! 美と機能性を兼ね備えた筋肉、37歳とは思えない運動神経の画像2

樽美酒研二のInstagram(ketsu.no.kamisama)より

 始球式後には、ブログに「ボクの投げ方は内野手の投げ方で、マウンドに立つと下半身が上手に使えないんですよねぇ」「今はホント、上半身と手首のフナップ(※スナップ)だけで勢い任せな感じです」と綴っていた樽美酒。今回は自己流でシャドーピッチングをしてから始球式に挑んだそうだが、投球フォームを改善することができれば、さらに球速を上げそうだ。

 本業である(らしい)エアバンドはさておき、完璧な筋肉、37歳とは思えない運動神経、そして素顔は超イケメン(かつ美尻)という要素を持つ樽美酒。芸風で埋もれているが、ハイスペックイケメンだ。

ゴールデンボンバー 樽美酒研二 バースデー ケツ枕カバー