ゴシップ

水曜日のカンパネラ・コムアイだけじゃない「彼氏の放尿を見たい」女子と、放尿プレイ大好き男たち

【この記事のキーワード】
ダウンタウンなう公式Twitter より

ダウンタウンなう公式Twitter より

 6月29日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、水曜日のカンパネラのコムアイ(25)が出演。その性癖を明かして話題になっていた。現在、アイルランド人の男性と付き合っているというコムアイは、男性の無防備な瞬間が好きだと明かし、忘れ物をした時などに「あっ!」と表情が変わる瞬間が好きなのだそう。これは共感する女子も少なくないだろう。ただ、コムアイはさらに「トイレに行っている時、おしっこしている時とかウンチしている時とかに邪魔するのが好き」とも。ウ、ウンチもですか……?

 コムアイが「一緒にトイレに入って見させてほしい」と言うと、共演者たちは笑いながらもドン引きの姿勢。おならやニオイなどについてダウンタウン・松本人志(54)が指摘すると、コムアイは「カワイイですね」と気にする様子を見せない。臭くても気にならないということだろう。コムアイは「おしっことかしてるとき、“ちょんちょん”とかやってずっと見てたりするんですよ」「(おしっこが)途切れたりすんですよ」と話しており、実際に放尿中の男性をじっと見ているようだ。ちなみに自分は見られたいという願望は無いため、逆は嫌だとしながらも「交換条件だったら見せます」とコメントしていた。

 かなりディープな性癖を明かしたコムアイだが、“トイレについていきたい”願望自体は、かつて「ウチ」ことmisono(33)も語っていたことがある。2014年放送の『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)内のコーナー「第12回芸能人かえうた王決定戦」で、「トイレに行ったら あとをついてく 用を足す時もベッタリ」と熱唱。性的なプレイとは少し違うが、好き過ぎるあまり用を足している様子さえも愛しく思ってしまうということだろう。

 また、コムアイは「自分が見せたいわけではない」そうだが、男性芸能人の中には女性の放尿プレイ好きを公言している人も多い。ケンドーコバヤシ(46)はラジオで“好き”と告白。風俗でもしてもらったことがあるそうで、「放尿されて、顔が腫れた経験がある」と語っていた。確かに尿には雑菌が含まれている。山里亮太(41)もラジオで、風俗のSM嬢から尿をかけてもらった経験を明かしている。綾部祐二(40)はスカトロもいけるそうだ。アメリカでエンジョイしている頃だろうか。

 ボブ・サップ(44)に至っては自身の著書『野獣の怒り』(双葉社)で、来日当初に交際していた看護師の女性との放尿プレイについて綴っていた。“性的な探究心が旺盛だった”というその女性は、サップの顔にまたがって放尿。するとサップは「頭の中が真っ白になった。羞恥心を覚えると同時に、かつてない快感がオレの脳内を駆け巡った」「おしっこの魔力から離れられなくなった」と、すっかり放尿プレイにハマってしまったという。

 ハマる人も多い放尿プレイ。経験してみると、新たな扉が開けるかもしれない。

月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ