ゴシップ

女性芸能人の体重公開で判明した“痩せてる基準”のあやふやさ

【この記事のキーワード】
坂口杏里公式ブログより

坂口杏里公式ブログより

 18日、バラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)にて新コーナー「オンナ体重番付」が放送された。女性芸能人たちが互いに体重を予想し、軽い順に並んでそのランキングを完成させるというこの企画。自分のスタイルを気にしがちな女性にとってはなんとも残酷なものだ。

 この日、体重の順位を予想したのは坂口杏里(22)、谷澤恵里香(23)、森下悠里(29)、野呂佳代(30)、熊田曜子(31)、尾崎ナナ(31)、手島優(31)、保田圭(33)、オアシズの大久保加代子(42)と光浦靖子(42)の10名。しかし、企画主旨を説明されていないままにスタジオに集められた彼女たちは、その内容を聞いて愕然。特に、“ぽっちゃりキャラ”としていじられることの多い野呂はかなりの抵抗を見せていた。結局、嫌がりながらもそれぞれ体重を測った後に、身長順に並んでみたりお互いのボディラインを触ってみたりと試行錯誤を重ねながら順位をつけたが、これがなかなか当たらない。体重を公表することがランキング完成への近道だとはわかっていても、当然プライドや恥ずかしさがあり皆それを渋っていた模様。

 そんな彼女たちの様子を見ていた同番組司会のロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)やご意見番として出演していた有吉弘行(39)に煽られ、尾崎、保田、谷澤、光浦が体重を公表することに(順に48.9kg、50.2kg、49.8kg、46.8kgであった)。そして、最終的な順位は体重が軽い方から坂口、光浦、尾崎、森下、谷澤、保田、熊田、大久保、手島、野呂という結果になり、168cmと10人の中では高身長の坂口が1番軽いことが発覚。坂口は最近ダイエットに成功し(彼女のブログによると現在の体重は43.2kg)、ピーク時は60kgあったと話したが、それを聞いた最下位の野呂が気まずそうな表情になっていたことから彼女の体重はそれよりも重いのではないかと推測される。

 普段なかなか知ることのできない女性芸能人たちの体重が公開されるというこの斬新かつ衝撃的な企画についてネット上からは、「みんな意外と体重あるんだな」「いやいや、みんな軽すぎ!! 一般女性はもっと重いはず」「全然太ってないのにやっぱり体重は気にするもんなのか」「50kg以上はデブみたいな扱いはありえない」と様々な声が上がり、体重についての認識にはかなりの個人差があることが見受けられた。

 加えて、ランキング1位の坂口について「ガリガリじゃん」「痩せすぎて誰だかわからなかった」「前の方がかわいかったのに」との指摘が相次ぎ、昨年に母の坂口良子を亡くした彼女の精神面を心配する声も多く聞かれた。確かに、以前は丸顔でふわっとした印象だった坂口だが、現在は頬の肉がとれてあごがシャープになり、面長にも見えるほどである。彼女はブログにて脂肪溶解の注射を打ったり、溶岩浴に通い2カ月で13kgの減量に成功したと明かしているが、母親の死からの心労や過剰な痩せ願望があるのではないかと心配になってしまう。

 体重は美しいスタイルを作るためのある程度の目安にもなるが、大切なのは第一に健康的な見た目、かつ実際にも健康であることではないだろうか。この“健康的な見た目”の定義も個人差がありそうなものだが……。今回の『ロンドンハーツ』を見る限りでは、日本女性のダイエット事情は今後ますます混沌としたものになっていきそうな予感がする。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか 成功率9割以上の肥満専門外来が教えるダイエットの心理学