ゴシップ

小山慶一郎や錦戸亮、大倉忠義はハメられたのか? ジャニタレ喰い女子の勢い

【この記事のキーワード】
小山慶一郎や錦戸亮、大倉忠義はハメられたのか? ジャニタレ喰い女子の勢いの画像1

Johnny’s netより

 9月13日の「東スポWeb」が、過激派&肉食系のジャニーズファン、通称「喜び組」の存在を報じている。ここ最近のジャニタレをめぐるスキャンダルの火種となっているのが、この「喜び組」ではないかとの見立てで、ジャニーズ界隈はいよいよファン同士の抗争にまで発展しそうな不穏な雰囲気だという。

 ここ最近、ジャニタレの女性関係をめぐるスキャンダルは後を絶たない。元TOKIOの山口達也(46)に始まり、未成年と飲酒騒動の小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(31)、未成年バスツアーの手越祐也(30)、ベッド写真流出の錦戸亮(33)と大倉忠義(33)……山口達也の件は別だが、ほとんどが、一般女性の告発により発覚したスキャンダルだった。

 「東スポWeb」の取材に応じた芸能プロ関係者は、一連の報道を鑑みて、「週刊誌に掲載されたこれらのスキャンダルは写真だったり、音声テープがとられており、偶発的に起きたとは思えないところもある」と指摘している。SNS全盛という時代的要因もあるだろうが、そもそもスキャンダルの原因となるコトを起こしているのは、ジャニーズ界隈を根城とする女性ファングループ、通称「喜び組」ではないかと疑いの目が向けられているのだという。

 この「喜び組」とは、ヤリ目的でジャニタレへの執拗なアプローチを繰り返す、実在する女性ファングループのことを指す。その素性はセレブな女子大生や、ガールズバーやラウンジ、風俗店に勤務する女性たちで、店からお持ち帰りされることもいとわないという。目当てのジャニタレと一発ヤレれば満足な肉食女子ならまだ可愛い方だが、セフレ以上の存在になろうと執念深くアプローチするファンもいるのが厄介で、ジャニーズ事務所も警戒しているという。

 記事内では、「ジャニタレを“食う”のが生きがいの子もいる。そのくせ飽きたり、不快なことがあったら、ソッコーでマスコミに情報を流す。タチが悪いですよ」とも証言されている。今年6月に、小山慶一郎が起こした未成年との飲酒騒動は、じつは手越祐也の「喜び組」が裏で糸を引いていた……とも報じられている。さらに、「喜び組」のマスコミへのリーク行為をめぐっては、誰がチクった、チクっていないを争ってファン同士の抗争に発展する危機というのだから、目も当てられない惨状だ。

1 2

肉食系女子の恋愛学 彼女たちはいかに草食系男子を食いまくるのか