カルチャー

ある浪費家風俗嬢のお金の話「もう二度とリボ払いはしない」

【この記事のキーワード】

money-top

 

 さて、『女のMONEY』、今回からは日本の現代社会を生き抜くリアル・ウーマンたちの生の声を伺っていきます。

 今回お目にかかったのは、都内の会社にご勤務のTさん、29歳。既婚者でお子さんもひとりいらっしゃいます。しかしながら、見た目は青山あたりを歩いている読者モデルさんのような可愛らしさ! 若々しく、とても一児のママには見えません。地位・年収・夫・子供・美貌・若さ、など、私が何ひとつ持っていないものを全て兼ね備えたお方。きっと順風満帆な人生を歩んでこられたのね……と思いきや、実は思いもかけないヒストリーを持ったお方だということが、インタビューで明らかになっていきました。

お家賃、払えません

 大学を卒業後、フリーターを経て小さな出版社に正社員として入社されたTさん。営業のお仕事で、年収は400万(年2回、50万のボーナス含む)。けれど貯金はゼロ、仕事は「クソつまんな」かったそう。

T:飲み会ばっかりの会社で、ほんとクソみたいでしたね、自分も。

歯:お、おぉ。ちなみにその時の貯金などは?

T:ゼロ円……。私は本当に浪費家で。洋服も化粧品も、その月によって使う金額が全然違うんですよ。食費も食べたいものを食べる、ってかんじなので「毎月3万円」とか決めてないんです。自炊するにしてもまとめ買いとか作り置きなどの工夫をしないので節約にはならなくて。漫画も買いますし。お酒も好きですし。

 Tさんは二年でその会社を退職されたそう。

T:「どうしよう! お金ないし、ヤバイ!」ってなって。で、「とりあえず、風俗のバイトでも受けるかぁ!」って、風俗のお仕事をしたんですよね。

クソ会社よりも楽しいホテヘル

 『失職女子』にも書きましたが、無職生活が長引き、お家賃が払えなくなった時、私も風俗で働くこと、一応検討しました。私の場合は、採用してもらえるはずもないので、違う道を模索したのですけれどね。

 Tさんは、似たような状況下で、「風俗で働く」という道を選び、貧困から脱出されたお方だったのです!

T:昔はリボ払いを迂闊に利用していたんですけど、今の私の持論は、「リボ、絶対ダメ!キャッシングも利用したらだめだよ~、ア●ム行くなよ~!」なんです。大事なことです。借りるより風俗行ったほうが早い!

 会社を辞めた時、貯金を全くしていなかったので、次の月の家賃が振込めないって状況になって。手元にあるお金も一万くらいしかない。失業保険だって、申請して即いただけるわけじゃないじゃないですか。かつ、働けないような病気を持ってるわけでもないから生活保護ももらえるはずないと思って。それに、申請したら親族に連絡が行っちゃうと思うと……役所関係の支援でなんとか立ち直ろうとは考えなかったですね。とりあえず、即金で給料をもらえる仕事を探そうと。

 私は大学時代、キャバクラに何回か体験入店したことがあるんですけど、お客さんとの会話が本当に下手で、お世辞も上手に言えないダメ嬢だったんです。だからキャバクラはまず無理。けど風俗だと人見知りっぽい子のほうが処女っぽくて、ウケるらしいと聞いていたので、これはいけるぞ、って思いまして。「自分で稼ぐ! よし!」って思って、無料の求人雑誌をコンビニで調達して、めぼしいところに電話をかけ、面接に行きました。

歯:ああ、そういう話、すごく参考になります。私、お家賃払えなくなった時、判断できなかったですもん。キャッシングか借金か風俗か、論理的に考えて選ぶとしたら、どれがベストなのか。

T:だって、借りたら返さなきゃいけないじゃないですか。でも風俗だったら「稼いでる」んですよ! 借りてない。自分のものなんですよ。借りたら、利息付けて返さなきゃいけないから、キャッシングは絶対に考えなかったです。歯グキさんも精神的に負担じゃなかったら、風俗行っても良かったのかも。

歯:風俗で働くことはTさんにとっては精神的に負担ではなかった、と?

T:なかったですね。私、「セックスは愛するただひとりの男性と」という観念が全くなかったうえ、セックスで自己承認してるようなところがあったので……。だから、よかったんでしょうね。そのうえ、お金ももらえるから。

歯:風俗店に電話して、すぐに面接を受けたんですか?

T:はい。デリバリーヘルスは自宅に呼ばれる可能性もあるから怖くて、ソープは本番ありだし技術習得も大変そうだなと思ったので、ホテルヘルスのお店をチョイスしました。求人雑誌を見て、お店のホームページも確認してから、「面接行きたいんですけど」って電話して、その日に面接したんですよ。駅で店長さんと待ち合わせて、古い1Kのマンションの一室に通されて、面接になりました。

歯:やっぱり面接官は強面のヤクザさんとかなんですか……?

T:それが、30代半ばくらいの店長なんですけど、西島秀俊みたいな感じで超かっこよくて! 全然ヤクザっぽくなくて。他の店員さんも、某アイドルグループの男の子に超似てたんですよ。すごくかっこよくて。面接は、年齢とかスリーサイズをその場で紙に書きながら話して、免許のコピーとか取って、ってかんじです。あとは、性感帯とか、好きなプレイとか書いたり。

 「じゃあ採用するから、今日からやる?」ってことになりまして、隣の部屋の白いブースに移って下着姿の写真を撮りました。それが速攻でお店のホームページにアップされて、「今日から入店、新人の○○ちゃん!」ってメルマガやブログにも掲載されて、数分でお客さんから予約が入りました。そういえば当時26歳だったんですけど、18歳の大学一年生、って設定でした。

1 2

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

カイジ「命より重い! 」お金の話