連載

まんこっぽい怪獣・超獣を集めてみた

【この記事のキーワード】

女性差別について語ると、一部の男性には「フェミがー!」と反発されがちです。
そういう男性たちのことを、Twitterである人が揶揄してこうつぶやいていました。

フェミガーってなんかの怪獣みたい

フェミ叩きをする人たちが全員ウ◯◯ラ怪獣のようで思わず笑ってしまいました。
本当にフェミガーという怪獣がいたらおもしろいなぁと、何の気なしに「怪獣」で画像検索したところ、怪獣って、なんかエグイしビラビラしてるし皮膚はくすんだ茶色だし、全体的にまんこっぽいと気付きました。
そんなまんこ的怪獣が、悪役として、正義のヒーローに倒されてしまうのは、まんこ持ちとしてはちょっと悲しい。
もしや、まんこに対する世の中の「なんか怖い」というイメージも、子供の頃の「怪獣=悪」という刷り込みが大きいのでは……?

 man030501

そこで今回は日本のまんこ観にも少なからず影響を与えたであろうまんこっぽい怪獣・超獣を集め、まんこ的視点で眺めてみようと思います。

ビラ星人(『ウ◯◯◯セ◯ン』第5話)

man030502

陸地が星全体の10分の1しかない海洋惑星・ビラ星から襲来。見た目と裏腹に高度な頭脳を持ち、時間停止光線を自在に操ることが可能。口からは赤い猛毒煙(マンドラガス)と光線を発射、胴体からは毒液を噴射。地球防衛軍のレーダーを破壊して、地球側の体勢が整う前に宇宙船団を送り込んで地球を征服しようと企んだ。

カイテイガガン(『ウ◯◯◯マンA』第34話)

 man030503

太平洋の海底5000mに住む超獣。ウルトラマンエースと戦いメタリウム光線で倒された。
海底で眠っていたが、石油や工場廃水などによる海洋汚染に怒り、海上を通るタンカーを使い人間の環境汚染に怒って攻撃してきた。

グロブスク(『ウ◯◯◯マン80』第47話)

 man030504

野球好きの少年が捨てた野球のグローブがオゾン層の破壊で異常に増えた紫外線に当たって怪獣化(!?)。日蔭ではグローブの姿で、紫外線に当たるとビラビラしだす。最終的にはウルトラマン80のガワッパー光線を受けて元のグローブに戻った。

ゴラ(『ウ◯◯◯マン80』第12話)

 man030505

美しい美少女の転校生は、実は地球征服をたくらむビブロス星人の工作員だった。少女が連れてきた怪獣ゴラはビブロス星の工作員が浅田山に仕込んだ卵から孵化された宇宙戦士。

戦士なので結構強いゴラ。キャラクターデザイナーは吹き上がる火山のマグマを表現したかもしれないが、図らずも裏返したまんこ内部のよう。

ピグモン(『ウ◯◯◯マン』第8話)

 man030506

ゴラと同じく裏返したまんこ的フォルム。身長1mと小柄で童顔、負傷した科学特攻隊員をけなげに看護する心優しいピグモンは、まさに怪獣界に咲いたアイドルまんこ。同じ多々良島に住むレッドキングの人間への攻撃に体を張って犠牲となり死んでしまう。

バルタン星人(『ウ◯◯◯マン』第2話)

 man030507

知らぬ者はいない怪獣界のレジェンドのこの方も、顔の中心をよく見るとまんこ的。

故郷のバルタン星を核実験で失い、たまたま宇宙旅行中で難を逃れたバルタン星人。宇宙船の修理のために立ち寄った地球を気に入り侵略しようとした。両手の巨大なハサミから、相手の動きを止める赤色凍結光線や白色破壊光線を繰り出す。その他、分身術や転身術も仕掛けてくることから別名「宇宙忍者」と呼ばれる。

(次ページへ続く)

1 2

ろくでなし子

漫画家。日本性器のアート協会会員。自らの女性器を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。著書に『デコまん』(ぶんか社刊)。『女子校あるある』(彩図社刊)

ろくでなし子ホームページ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

カイザー(kaiser) 親子グローブセット KW-310